ロシアW杯欧州予選第7節が8月31日に行われた。グループBでは2位のポルトガル代表がホームでフェロー諸島と対戦。FWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックの活躍で、5-1で大勝した。ただしグループBは首位のスイス代表がホームでアンドラ代表に3-0で快勝。7戦全勝で首位をキープしている。

 これほどまでに簡単にゴールを奪えるものなのだろうか。2年連続でUEFA欧州最優秀選手賞を獲得した大エースがまたもハットトリックを決めた。開始3分に先制点を決めたC・ロナウドは、同29分にもPKを決めて、予選4試合連続のマルチゴールを達成。ロナウドのアシストによって1点が加わって迎えた後半20分には、ロナウドがゴール前のコントロールから左足で加点。同39分のFWネルソン・オリベイラのゴールも、ロナウドのシュートのこぼれ球を押し込んだものだった。

 ロナウドの今予選のハットトリックは16年10月7日のアンドラ戦で4ゴールを決めて以来。今予選のゴール数は驚異の14得点目となった。

 しかし6連勝を決めたポルトガルだが、それを上回る強さを発揮するチームがある。スイス代表だ。昨年9月の予選第1節でホームでのポルトガルとの直接対決を制しているスイスは、そこから連戦連勝。7連勝を目指したホームでのアンドラ戦でも、前半43分にFWハリス・セフェロビッチのゴールで先制すると、後半18分にもセフェロビッチが加点。同23分にはDFステファン・リヒトシュタイナーにゴールが生まれ、3-0で快勝した。

 スイスとポルトガルの一騎打ちになっているグループB。直接対決は10月10日の最終節に組まれており、このまま行けば両国にとって世紀の大一番となりそうだ。9月3日の次節は、スイスが敵地でラトビア、ポルトガルは敵地でハンガリーと対戦する。


●ロシアW杯欧州予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧