2018年サッカーW杯ロシア大会、アジア最終予選グループA、韓国対イラン。試合後に抱き合うイランの選手と落胆する韓国の選手(2017年8月31日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】2018年サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)アジア最終予選は31日、各地で行われ、グループAの韓国は勝てば本大会出場が決まる可能性もあったが、ホームで10人のイラン相手に0-0で試合を終え、予選突破が危うい状況にさらされている。

 この日行われた同グループの試合でシリアが3-1でカタールに、中国が1-0でウズベキスタンにそれぞれ勝利したことで、韓国は敵地タシケント(Tashkent)で行われる予選最終戦のウズベキスタン戦に敗れれば、1982年から続くW杯連続出場が途切れる可能性もある。

 すでに本大会出場を決めているイランは、後半7分にサイード・エザトラヒ(Saeid Ezatolahi)がレッドカードを受け、そこから10人での戦いとなった。しかし、韓国はイランの守備を崩しきることができず、ホームの6万3000人のサポーターを前に9大会連続となるW杯出場を決めることができなかった。

 勝ち点14でグループ2位につける韓国は、3位のシリア、4位のウズベキスタンに勝ち点2差をつけており、9月5日のウズベキスタン戦に勝てば、2位以内に自動的に与えられるW杯出場権を手に入れることができる。

 しかし、仮に敗れた場合、シリアが今予選無敗のイランから敵地テヘラン(Tehran)で白星を飾れば2位の座を奪われることになる。

 韓国の申台龍(Tae-Yong Shin、シン・テヨン)監督は「選手交代で形成を一変させて得点を狙ったが、そうはならなかった」とすると、「勝利に向けて試合に臨んでいるし、ウズベキスタン戦でも同様に戦っていく」と、タシケントでの一戦に全力を傾けると誓った。
【翻訳編集】AFPBB News