※グラフをクリックすると拡大します。

写真拡大

 8月中旬以降の日本株市場は指数で見ると下落トレンド入りしたように見えますが、中国関連株や原油安恩恵関連株は上昇トレンドにあります。これらの銘柄に最大損失を限定して投資する手段として、eワラントを活用する方法について紹介します。

■指数を上回っている業種

 8月中旬以降の日本株市場は指数で見ると下落トレンド入りしたように見えますが、上昇トレンドにある業種・銘柄もあります。

 図1は直近24営業日の期間において、東証業種別株価指数のうちTOPIXを顕著に上回っている業種別株価指数を抽出したものです。この期間で上昇が目立ったのは石油・石炭製品、非鉄金属、空運業、海運業でした。

 各業種別指数の構成銘柄で比率の大きい銘柄を見てみますと、石油・石炭製品においてはJXTGホールディングス(5020)、出光興産(5019)、昭和シェル石油(5002)などが含まれますが、JXTGホールディングスの株価上昇が顕著です。

 非鉄金属においては住友電気工業(5802)の株価は横ばい傾向ですが、住友金属鉱山(5713)、三菱マテリアル(5711)、三井金属鉱業(5706)などの上昇が目立ちます。

 構成銘柄数が少ない空運業においてはANAホールディングス(9202)に遅れて上昇してきた日本航空(9201)の上昇が寄与しています。海運業においては日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)が直近上昇傾向にあります。

小野田 慎[著]