欧州・アジアで米国に燃料振り向ける動き、「ハービー」余波拡大

写真拡大

[ヒューストン/ニューヨーク 31日 ロイター] - 熱帯低気圧「ハービー」が米メキシコ湾岸の石油関連施設に洪水などの深刻な被害をもたらす中、影響は世界のエネルギー市場にも広がっている。

米石油産業の中心地であるメキシコ湾岸の製油所やパイプラインの閉鎖を受け、米国での供給不足を避けるため、欧州やアジアで燃料を米国に回す動きが出ている。

ハービーは25日にテキサス州沿岸部を直撃したすぐ後にハリケーンから熱帯低気圧に変わったものの、停滞を続け、ヒューストン一帯に洪水被害をもたらしたほか、31日も隣接するルイジアナ州に激しい雨を降らせている。

各社資料とロイター試算によると、少なくとも日量440万バレルの製油能力がハービーの影響で停止中。これは、米製油能力全体の24%近くに達する。

米内務省安全環境執行局(BSEE)は、メキシコ湾の原油生産は31日時点で全体の約13.5%が停止していると発表した。

米ガソリン先物<RBc1>はここ1週間で約25%上昇した。

米国ではレーバーデーの連休を控え、燃料不足への懸念が強まっている。国内のガソリン平均小売価格は前週から1ガロン当たり0.1ドル超上昇した。

メキシコ湾の製油所稼働停止を受け、欧州やアジアの取引業者は米国での燃料不足を避けるため、ガソリンやディーゼル燃料など数百万バレルを米国に振り向けている。ただ、遠隔地からの運搬に時間を要するため、燃料不足の回避に間に合わない可能性があるとの専門家の指摘もある。

アジアの精製マージン<DUB-SIN-REF>は31日時点で1バレル=10.41ドルと、昨年1月以来の高水準を記録。アジアのガソリン価格<GL92-SIN-CRK>も昨年1月以来の高値となる1バレル=16.34ドルとなった。欧州では、ガソリン精製マージンは2年ぶり高水準となる1バレル=20ドル近くに達した。

エネルギー業界の専門家は、記録的な被害をもたらしたハービーの業界への影響が長期に及ぶ可能性を想定している。