パナソニックが攻めの経営に転換した証拠

写真拡大

業績の拡大や株価の上昇が期待できる企業を見分けるヒントは「キャッシュフロー(CF)計算書」だ。「投資CF」からは将来を見据えた投資規模など会社の戦略や今後の方向性を読み取ることができる。投資に積極的で、成長が期待される企業の見つけ方とは。

■業績拡大の大前提は積極的な投資活動

業績の拡大や株価上昇が期待できる企業は、どうやったら見つけられるのか。ひとつのヒントは、「キャッシュフロー(CF)計算書」にある。著書『図解!業界地図2018年版』(プレジデント社)で、主要企業のCF計算書の主な金額を紹介している理由もそこにある。

一言でいえば、CF決算書は企業のキャッシュの増減を示すものだ。企業の活動を営業・投資・財務の3つに区分し、「営業CF」「投資CF」「財務CF」として、それぞれにおける入金と出金を計算。入金が多ければ「プラス(黒字)」、出金が入金を上回れば「マイナス(赤字)=△」とするのが基本である。

中でも、注目すべきは投資CFだ。同じ決算書でも財務状況を示す「貸借対照表」や儲け具合を示す「損益計算書」は、企業の“これまで”を示すものだが、投資CFからは、将来を見据えた投資規模など会社の戦略や今後の方向性が読み取れるからだ。

実際には、投資CFは設備投資やM&A(企業の買収・合併)などに投じたキャッシュと、子会社や有価証券などの売却で得たキャッシュを加減して求めるが、単純に「△」がついている金額の大小に注目するだけでいい。例えば、ソフトバンクグループである。

17年3月期に限れば、ソフトバンクグループは本業(営業CF)で1兆5007億円のキャッシュを新たに獲得する一方で、その2.8倍に相当する4兆2135億円を、英国半導体企業の買収などに投じたことがわかる。

CF計算書を開示するようになった2000年3月期からの累計では、営業CFで獲得したキャッシュは8兆1098億円。それに対して、投資活動に費やしたキャッシュは14兆8055億円である。

このように、国内企業では他に例を見ないほどの積極的な投資を実行してきたことで、ソフトバンクグループは飛躍的に業績を拡大。2000年3月期には4222億円にすぎなかった売上高は、9兆円に迫るまでになったのだ。

もちろん、投資への出金が入金を上回ることで生じる不足分は、借入金などで穴埋めするのが一般的であり、財務CFの黒字(入金超)は新規に資金調達を実行したことを意味する。その借入金の返済能力などのチェックは欠かせないが、業績拡大の大前提は積極的な投資活動にあることはいうまでもない。

■キヤノンは短期間で投資の成果を出した

他の企業の投資CFの赤字額(出金超過額)に注目してみよう。赤字額が多ければ積極的な投資活動を実行したということだ。16年度決算において、投資CFの赤字額が営業CFの黒字額を上回っている主な企業は、日産自動車やパナソニック、キヤノン、JT、JR東海、ドンキホーテHDなどである。

キヤノンを例にとろう。同社は16年度に東芝の医療機器子会社を買収したこともあって、投資CFの赤字幅は、営業CFでの入金額をおよそ3400億円上回ったが、その効果はすでにはっきりとあらわれている。

キヤノンの17年1月〜6月の売上高は1兆9652億円。前年の同じ期間で比較すると、売上高は18.5%増の1兆6574億円となっている。これほど短期間で投資活動の成果が示されることは珍しいといっていいだろう。

2社とも16年度に限られるが、三菱重工業とNECは、投資CFが入金超を示す黒字だった。攻めより守り。子会社や有形固定資産、金融資産の売却などを進めたことを意味する。同じように、投資CFの黒字を2期続けたことがあったパナソニックは、16年度、投資CFの赤字額が営業CFの黒字を上回った。米国の業務用冷蔵庫企業の買収などを手がけたためだが、守りから攻めの「業績拡大路線」にかじを切ったとみていいだろう。

JR東海の投資CFの赤字額は、ソフトバンクグループには及ばないものの2兆円に迫る。借入金に依存する形だが、リニア新幹線の建設に本格的に着工したということ。投資効果がすぐに表れたキヤノンとは異なり、長期的な視野に立ち、成長の実現を見守るべきだろう。

投資CFの赤字額が営業CFの黒字額を上回った日産自動車とは対照的に、トヨタ自動車とホンダの投資CFの出金は、営業CFで獲得したキャッシュの範囲内である。ほとんどの企業に見られるパターンだが、「入金>出金」で積み上げてきたキャッシュの規模を確認したい(CF計算書に「現金及び現金同等物の期末残高」として表示)。企業がいつでも投資に投じることができる資金の目安になる。

(ビジネスリサーチ・ジャパン代表 鎌田 正文)