民進党代表選挙に立候補し、討論を行う前原誠司元外相(左)と枝野幸男元官房長官=8月22日、東京都千代田区(写真=時事通信フォト)

写真拡大

9月1日に実施予定の民進党代表選挙。前原・枝野の両候補の対決となっているが、実は第3の候補が立候補を断念している。そこで問われたのは「誰と組むか」ではなく「何をやるか」だった。他党に振り回されている限り、民進党の再生はあり得ない――。

■結党の目的から遠ざかる民進党の現状

「民進党は、民主党でも維新の党でもありません」

これは民進党代表選に立候補の意向を示したものの、推薦議員を集めきれずに立候補を断念した井出庸生衆院議員が、急遽作成したビラの冒頭の一文である。

民進党は民主党でもなく維新の党でもない、安倍一強に対抗するために両党が結集した新しい党のはずだった。しかしその実態は、民主党の看板替えになってしまっている。事実、旧維新系が掲げていた「身を切る改革」や「脱原発」は旧民主系の数の力で押し切られて反故にされてきた。主な役職ポストも旧民主系議員で占められている。人数においても旧維新系グループが昨年の代表選で江田グループと松野グループに分裂したことで、旧維新系は事実上消滅してしまった。

井出議員が代表選への出馬の意向を示したのは、こうした現状に違和感を覚える議員が党内にいたからだ。井出議員は必要とされる推薦議員20名をあと一歩のところで集めらなかった。立候補したところで代表に選出される可能性はなかっただろう。

■結局は旧民主党内の勢力争い

それでも出馬の意向を示した背景には、旧民主系内の右往左往に翻弄され、政局にあけくれて政策議論もままならず、本来の結党の目的から遠ざかってしまっている民進党の現状に、代表選への若手候補の出馬によって一石を投じることで目を覚まさせ、初心に返らせたいということがあったように思う。(加えて言えば、井出議員は旧維新系・旧結い系であるが、その旗を立てようというのではなく、旧民主系のしがらみのない旧維新系・旧結い系にしかこうした行動はできなかったということだろう)

その民進党代表選、結果的に旧民主系の前原誠司衆院議員と枝野幸男衆院議員の一騎打ちとなった。代表選の目的は、民進党の建て直しだといわれている。下馬評では前原議員が国会議員票では優位、地方議員やサポーター票では枝野議員が優位と聞かれるが、どちらが代表に選出されたとしても、結局は旧民主党内の勢力争いにしかみえない。高校の仲良しグループ同士の意地の張合いのようなものだ。

そんな内輪のたたき合いで党をいいように振り回してきた2人に党の建て直しなど期待できないし、望むべくもないように思う。

しかも、今回の両候補の最大の対立軸は、他党との連携や協力の在り方、是非である。代表選での争点が、理念や政策ではなく、他党との連携であるということは、この代表選がまさに旧民主系内の勢力争いであるということの証左であろう。旧維新系の井出議員は、「誰と組むかの前に、何をやるか」、つまり具体的な政策を問おうとしていた。だが両候補は「誰と組むか」を優先しているようだ。

加えて指摘すれば、「誰と組むか」を優先するということは、民進党は自らの足では立っていられず、誰か強そうな相手と組まなければ浮揚できない、と公言しているに等しい。

■前原議員は小池都政に一定の評価

この「誰と組むか」という話は、

(1)共産党などの野党共闘の継続の是非、
(2)小池都知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」や政治団体「日本ファーストの会」との連携の是非

という2つに分けられる。

21日の出馬表明の共同記者会見では、(1)について、前原議員は否定的な態度を示した一方、枝野議員は「理念・政策、主体性をしっかり守った中で、できないことはできない、しかしできることはできる、それがどこなのか、最大限の努力をしたい」と前向きな姿勢を示した。

次に(2)については、枝野議員は、「自民党の補完勢力の可能性が高いと見ざるを得ない」と明確に否定的な姿勢を示した。他方、前原議員は小池都政に一定の評価を示し、「日本ファーストの会」の政策や理念が不明であるとしたものの、政策や理念が一致するところとは協力をしていくとし、否定はせず、前向きな態度を示した。

だが「小池新党」はまだできていない。「日本ファーストの会」はあくまでも若狭勝衆院議員の政治団体であって、政党ではない。小池知事や若狭議員の真意は、様子見をするための「撒き餌」といったものだろう。政党ではない以上、政策も基本方針もない。したがって、現段階では動きを冷静に見極めるというのが得策であるし常道である。前原議員が、前のめりに連携や協力について口にするのは、将来敵になるかもしれない相手に手の内や弱みを見せることと同じであり、それは実際に連携する場合に足元を見られることにつながる。

■政権与党時代の失敗や過ちを総括せよ

前原議員の一連の発言は、共産党との共闘への反発と受け取ることもできる。そうだとすれば、共産党との共闘という「脅し」をかければ、すぐに妥協する便利な集団だと見られるだけだ。都民ファーストを巡る蓮舫代表の付和雷同で散々振り回されたというのに、まったく懲りていない。「自分は振り回されない」とでも思っているのだろうか。少なくとも有権者は「振り回されている」とみているはずだ。

共産党との共闘にしてもそれはあくまでも選挙をめぐる戦術の一つであって、身も心も共産党と一緒になるわけではない。党が違う、理念や政策が異なるからこその共闘や連携や協力なのであって、要はその在り方や程度をどうするかの問題。実際に昨年の参院選で上手に連携出来た選挙区では勝っているのであるから、総論から是か否かで考えるのではなく、選挙運動の詳細な進め方を含めて、冷静に、選挙区ごとに具体的に検討していけばいいだけの話のように思うのだが、要はそれが出来なかったということだろう。(それがために、共産党や関連団体が動員した運動員の統制を取ることができず、戦略もなく動き回る運動員に振り回されて落選の憂き目をみるに至った候補者もいるようだ)

民進党の立て直しに必要なことは「何をやるか」をはっきりさせることだ。共産党との共闘にせよ、「日本ファーストの会」との連携にせよ、「誰とやるか」を決めるのは、理念や政策を固め直した後にすべきだ。そのためには旧民主系が政権与党時代の失敗や過ちを総括することが欠かせない。それがなければ、いつまでたっても他党に振り回される集団にしかならないだろう。

(政策コンサルタント 室伏 謙一 写真=時事通信フォト)