バルサのオファーを断った

写真拡大

FCバルセロナはパウロ・ディバラの獲得にチャレンジした。『Il Corriere Dello Sport』誌によれば、バルサはユベントスに1億6,000万ユーロ(約209億円)を提示したが、ユベントスの回答は“No”だった。

23歳のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは以前からバルサが注目する選手だった。しかし、4月にユベントスとの契約を2022年まで延長している。
この度違約金として1億6,000万ユーロ(約209億円)を提示したものの、ユベントスはディバラを放出する気はさらさら無いようだ。

今後コウチーニョの獲得にトライし続けるバルサだが、ディ・マリアと言った第2のオプションもある。しかし夏の移籍シーズンは48時間以内終了する為、直ちに補強選手を獲得しなければならない。