8月31日、ルノーからCセグメントの新型SUV「ルノー カジャー」が登場しました。来年の本格投入を前に、100台限定で「ルノー カジャー BOSE」という導入記念車からの発売になります。その名の通り、BOSE製オーディオを標準装備したローンチエディション。

「ルノー カジャー」は、日産キャシュカイの兄弟車。「CMF」と呼ばれるC/Dセグメント用プラットフォームは、日産キャシュカイやエクストレイルと基本的に同じです。

 

来年の本格導入を前に今夏100台限定で導入したのは、Cセグメントハッチバックであるメガーヌが新型に移行するため現行型が生産中止となり、ルノー・ジャポンとしてはAセグメント(トゥインゴ)、Bセグメント(ルーテシア)は好調なのに対して、Cセグメントの品揃えが厳しい状態にあるためです。

また、ライバルとなる新型プジョー3008の販売が好調という背景もあるようで、無理を言って日本向けに100台作ってもらった、とのことです。

Bセグメントのキャプチャーよりも大きく、新型コレオス(日本はまだ未導入)よりも小さいCセグメントの「ルノー カジャー」は、全長4455×全幅1835×全高1610mm。

エンジンは131ps/205Nmというスペックの1.2L 直列4気筒直噴ターボで、ゲトラグ製の湿式7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わされます。駆動方式はFFです。

CセグメントSUVですから大人4人が乗車しても十分なスペースがあり、荷室は527Lから6:4分割可倒式後席を倒せば1487Lまで拡大できます。

また、ルノー待望の最新安全装備も用意されています。デュアルカメラをはじめ、12 個のセンサー、そしてミリ波レーダーにより「イージーパーキングアシスト」、「エマージェンシーブレーキサポート」 、「車線逸脱警報」、「後側方車両検知警報」、「オートハイ/ロービーム」などを搭載。

こうした最新装備に加えて、ルノーならではのシートの座り心地のよさ、乗り心地の良さなども受け継がれているそう。「ルノー カジャー BOSE」の価格は3,440,000円。100台限定なので気になる方はディーラーに急いだ方がいいかもしれません。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久、塚田勝弘)

【新車】人気のSUVに新モデルが来日!新型ルノー・カジャーを100台限定で発売開始(http://clicccar.com/2017/09/01/506281/)