コウチーニョ 運命決める対談

写真拡大

フィリペ・コウチーニョの将来はMFトマ・レマルの移籍に左右されると言っても良い。30日(水)にASモナコとリバプールがレマルの移籍について対談した。

現在のところリバプールは頑なにバルサへのコウチーニョの放出を拒んでいる。
しかしながらリバプールの行動はその回答と相反するものだ。なぜならリバプールはASモナコ所属のミッドフィルダーのレマルとアレックス・オックスレイドの獲得を急いでいるからだ。

もしレマルがリバプールに加入する場合、移籍金は9,000万ユーロ(約118億円)前後となるだろう。そしてこの2名の選手を獲得した場合、リバプールのMFは“オーバーブッキング”状態になる。

このため、コウチーニョとバルセロナはかたずをのんでリバプールとモナコの動向を見守っている。もし両クラブの交渉が上手くいかなければリバプールはコウチーニョを放出することは無いだろう。その場合、バルサはディ・マリアとレマルの獲得に動く。いずれにせよ、もう時間はほとんどない。