なぜ真の女性ヒーロー映画が登場するまで40年かかったのか? 『ワンダーウーマン』の画期性

写真拡大

 ついに、ついに、真の女性ヒーロー映画が誕生した。

参考:国内外における『ワンダーウーマン』への温度差が今後の日本洋画界に影を落とすもの

 ここまで長かった。1978年の『スーパーマン』から数えればヒーロー映画の歴史は今年で40年。その間、女性ヒーロー映画はずっと暗黒の歴史だった。1984年の『スーパーガール』は評価、興行とも散々。2004年の『キャットウーマン』はラジー賞。何よりの驚きは、これだけアメコミ映画が隆盛を極める中で、女性ヒーロー映画にはこの2作の大失敗くらいしか振り返るべき歴史がない、ということだ。そもそも制作すらされていないのだ。

 『ワンダーウーマン』だって例外じゃなかった。2000年ころから噂レベルでは映像化の話はあっても実現まで行き着かない。唯一、形になったのは2011年のTVシリーズのパイロット版1話のみ。しかも、出来が酷いということで放映すらされなかった。

 というような歴史を踏まえれば、今回の映画『ワンダーウーマン』がアメリカで今夏最大のヒット、歴代興行収入でもサム・ライミ版『スパイダーマン』を抜き、もうすぐ『アイアンマン3』も『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』も上回りアメコミ映画史上5位の興行収入に迫っているという事実の画期性も伝わるはずだ。上にはもう『アベンジャーズ』2作と『ダークナイト』2作しかいないのだ。1970年代後半のテレビシリーズ以来の『ワンダーウーマン』ファンとして、これは本当に現実なのかと思うほどの事件だ。

 そもそも、なぜ女性ヒーロー映画はこんなに少なく、制作されても評価が低かったのか。

 色々な説明があると思うが、重要なのは「ヒーローとして戦う動機をどう描くか」という点じゃないかと思う。この問題がついて回るのは男女関係ないが、肉体的に戦うという行為がもともとマッチョな行為であるゆえに、特に女性ヒーローの場合には「何のために戦うか」という問いと向かい合わざるを得ない。正直言って女性ヒーローものに対する需要はこれまで相当程度まで性的な需要だった。性的な需要からまず女性ヒーローの造形が形作られた後に、じゃあこの女性ヒーローはどうして戦うのか?という動機を後から型に流し込もうとしてうまくいかなかった、というのがこれまでの歴史だった。

 少し寄り道になるが、テレビシリーズ『ワンダーウーマン』と同時期に日本でも放映された戦う女性ものに『チャーリーズ・エンジェル』と『バイオニック・ジェミー』がある。この3作をセットで記憶している人も多いと思う。

 『バイオニック・ジェミー』は2007年に一度だけテレビ版としてリメイクされているが、脚本家組合のストの影響を受けたった8話で打ち切られるという、『ワンダーウーマン』テレビシリーズ版と大差ない結果に終わっている。

 一方で、『チャーリーズ・エンジェル』は2000年に映画としてリメイクされヒットしている。そもそも、『ワンダーウーマン』『バイオニック・ジェミー』の映像化という企画の背景には映画版『チャーリーズ・エンジェル』の成功も大きかったはずだ。

 なぜ『チャーリーズ・エンジェル』だけ成功できたのか。色々な理由があるが、「エンジェルとして戦う動機」という問題について考えこまず、バカ映画の体裁と女子3人のノリで突っ走った、という点は大きかった。エンジェルたち3人には、どう見てもあんな危険な任務に体を張る理由はない。でもいいじゃん、楽しければ!で映画1本押し切ったのだ。

 でも、エンジェルたちは続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』で「戦う動機」という問題と向き合わなかったツケを払わされることになる。

 女子3人がやかましく活躍する娯楽映画なのは間違いないが、明らかに、『チャーリーズ・エンジェル』というフィクションはキリスト教の体系を借用している。そもそもタイトルからしてエンジェル=神の使いである天使だ。エンジェルたちにとっての神は雇用主の大富豪チャーリー。偶像崇拝を禁止されているがごとく、決してその姿をスクリーンに現さないチャーリーからのお告げに忠実に従い、自分ではなく神のために戦うのがエンジェルたちだ。映画が成功したのは、「神=チャーリーのために戦う」という構造を巧妙に温存した上で、それを明るく楽しいノリでコーティングしていたからだ。

 でも、『フルスロットル』の敵はチャーリーを裏切った「元エンジェル」だ。キリスト教における悪魔とは堕落したかつての天使。『フルスロットル』は天使と悪魔の戦いなのだ。ラストバトルはなぜか教会で、床に穴が開くと中はなぜか炎が燃え盛っており、敵は地獄の業火に焼かれて死ぬ。明るく楽しいノリのコーティングがはがれ落ち、神(≒父なる男)のために戦うという元々の物語の構造があらわになってしまったのが『フルスロットル』だ。

 笑い飛ばすだけでは、「何のために戦うか」という問題からは逃れられないのだ。

 ともあれ、『チャーリーズ・エンジェル』の次は『ワンダーウーマン』だ!ということにはならず、それから15年が経った。そして、ドラマ『スーパーガール』『ジェシカ・ジョーンズ』の一定の成功をステップにして、ついに2017年、この映画がやってきた。

 『ワンダーウーマン』という映画の画期性は「戦う動機」という問題を、これ以上ないくらい絶妙なバランスで、正面からクリアしている点だ。

 そもそも、主人公ダイアナは人間ではなくゼウスの子であり、自分が生まれた使命=戦争の神であるアレスという悪を倒す、というまっすぐな正義のために戦う。ちょっと純粋で天然すぎるが、「戦う動機」は人から与えられなくても自らのうちにもともと持っており、後から獲得する必要がない。

 神を主人公にする、という力業を成り立たせている上で重要なのが、「第一次世界大戦」という舞台設定だ。第一次世界大戦は、人類史上初めての世界大戦であり、はじめて大量殺りく兵器が投入された戦争であり、2000万人の死者を出した、それまでの人間の想像を超えた悲惨な事態が人類史上初めて地上に現出した戦争だった。人間には、人間が想像できる範囲を超えた「悪」をなす力がある、ということを人間自身に突きつけた戦争だった。逆に言えば、「悪」の親玉を倒せば正義を実現できる、というダイアナが信じていた素朴な正義がぎりぎり説得力あるように描いて不自然にならない、最後の時代でもある。素朴でまっすぐな正義をもって戦い、その正義が通用しない現実に直面し打ちひしがれるが、それでも戦うための自分だけの動機にたどりつく、というストーリーが成立する絶妙な舞台設定なのだ。

 その絶妙な舞台設定の力が最大限発揮されるのが、誰もが映画の白眉にあげる、映画史上に残る「ノーマンズランド」のシーンだ。多数の犠牲者を出しながら1年以上進展のない最前線の戦場に、ダイアナはただ一人、盾と剣だけの無防備な姿で飛び出していく。そして、敵の集中砲火を浴びながら死地を突破し、後続の兵士を勇気づけ、一つの村を解放する。

 『ワンダーウーマン』の画期性は、極論すれば、「ノーマンズランド」のあの絵面を最高に格好良い、感動的な場面として描くことに成功した、という点に集約されると言っていいと思う。

 もう一点、この映画を特別にしているのは、クリス・パイン演じるスティーブ・トレバーとダイアナの関係性だ。クリス・パインは、昨年のオスカーノミネート作『最後の追跡』でも「常識の通じないムショ帰りの兄に振り回されつつ共に銀行強盗を働く弟」を好演していたが、今作での役回りもそれとよく似ている。常識の通じないダイアナに振り回されつつ、その健全かつ誠実なリアクションでダイアナの魅力を引き出している。観客が感じ取るダイアナの魅力のかなりの部分はクリス・パインによって引き出されたものだと思う。

 2人のケミストリーが抜群だからこそ、2人が恋に落ちる展開にもすんなり納得がいく。そして、スティーブはダイアナから忘れかけていたまっすぐな正義感を、ダイアナはスティーブから汚れた世界を目の当たりにしても理想を捨てないしぶとさと人間らしさを学ぶ。どちらかが上ということがない2人の関係性が、神としての使命に基づく戦いから、対等な人間同志の絆に基づく戦いへ、という物語の流れに説得力をもたらしている。

 『ワンダーウーマン』の大成功を受けて、さあいよいよ女性ヒーローものの時代だ!となるかといえば、恐らくことはそう簡単には運ばないんじゃないかと思う。

 『ワンダーウーマン』は、往年のハリウッド大作のような大らかな映画のようでいて、舞台設定といいキャスティングといい、実はなかなか真似できない絶妙なバランスで成り立っている。清潔な魅力あふれる主人公に同時に戦う理由も与える、という難しいミッションをこれ以上なく見事にクリアしているのだ。これはそう簡単に真似できない。『ワンダーウーマン』自身の続編にしても、すでにダイアナ自身のイノセンスが失われた地点を物語のスタートにして、より現代に近い時代を舞台に、クリス・パインのスティーブ・トレバーもいない『ワンダーウーマン』とか、正直なところ、現時点ではなかなか想像できない。女性ヒーローにとっての「戦う動機」という問題は、この1作でずばり解決したわけではなく、これからも一歩一歩、それぞれ別のやり方でチャレンジは続いていくんだろうと思う。

 1978年版『スーパーマン』も、2002年版『スパイダーマン』も、そのすぐ後にヒーロー映画ブームがすぐ続いたわけじゃない。両作品とも簡単に真似できない奇跡的な映画だったからだ。『ワンダーウーマン』はそれに並ぶ特別な映画だ。(小杉俊介)