シャーリーズ・セロンとソフィア・ブテラの絡みシーンも 『アトミック・ブロンド』本予告

写真拡大

 10月20日に公開される映画『アトミック・ブロンド』より本ビジュアルと本予告が公開された。

動画はこちらから

 本作は、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のシャーリーズ・セロンが主演を務めるスパイアクション。1989年、東西冷戦末期のベルリンを舞台に、イギリス秘密情報部MI6から命を受けた女性エージェント、ロレーン・ブロートンが世界各国のスパイを相手に奮闘する模様を描く。

 主人公ブロートンをセロンが演じるほか、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のソフィア・ブテラ、『アルゴ』のジョン・グッドマン、『キャプテン・アメリカ』シリーズのトビー・ジョーンズらがキャストに名を連ねた。

 このたび公開された本予告は、セロン演じるブロートンがエレベーター内で銃を構え、扉が開くや否や、群がる殺し屋たちと激しいアクションを繰り広げるシーンから始まる。ジェームズ・マカヴォイ演じるベルリンに潜入中のMI6のスパイ、デヴィッド・パーシヴァルとの軽妙なやり取りや、ソフィア・ブテラ演じるフランス対外治安総局DGSEの女スパイ、デルフィーヌとの濃厚な絡みシーンなどが映し出され、80年代を代表するイギリスのニュー・ウェイヴバンド、ニュー・オーダーの「ブルー・マンデー1988」、LAのエレクトロノイズロックバンド、ヘルスによる同曲のカバー、「ブラック・スキンヘッド」(カニエ・ウェスト)、「パーソナル・ジーザス」(デペッシュ・モード)のマッシュアップバージョン、「キラー・クイーン」(クイーン)ら楽曲が映像に彩りを与えている。

 あわせて公開された本ビジュアルは、「最強のスパイ、現る。」のキャッチコピーとともに、銃を片手に持ったセロンの横顔が捉えられた一枚となった。(リアルサウンド編集部)