「下痢止めに効く」のは常備薬の「正露丸」か携帯薬の「ストッパ」か?(画像はライオンのHPより)

写真拡大

 同じ下痢止め剤でも、片や100年以上の歴史を有し、敗戦後までは「征露丸」と勇ましく「彳」が付いていた常備薬の定番といえば「正露丸」(代表格:大幸薬品)――。

 片や、テレビ朝日系『アメトーク!』の「OPP(おなかピーピー)芸人」特集がきっかけで即座にサバンナの高橋しげおさんをCM起用し、現代社会対応の即効性を上手に訴求した「ストッパ」(ライオン)――。

 もはや、この国に戦争があったことさえも知らない子どもたちに前者の「ラッパのマーク」の意味をいちいち説明するのも難儀だが、そんな子らの親世代でも家のクスリ箱に「正露丸」を常備している確率は決して少なくないだろう。

 が、同時に通学用や塾通いのカバンには「ギュルギュルきたら、早めの『ストッパ』」を、突発性の下痢対策用に常時携帯させているかもしれない。

「ストッパ」は「携帯薬」、「正露丸」は「常備薬」

 つまり、消費者サイドの目線で両者の違いと使い勝手の善し悪しを判定すれば、「常備薬の正露丸」、「携帯薬のストッパ」という、文字通りの「痛み分け」となるだろう。

 面白いのは、それぞれの公式サイトを開くと、目に飛び込んでくる巻頭のコトバが、そんな両者の特性を物語っている点だ。

 片や「正露丸は、1日3回服用しましょう!」と最初に謳い、「1回の服用で、症状が改善したから、飲むのを止めていませんか?」と問いただし、「正露丸は1日3回服用することで、腸の運動と機能を正常に戻します」と、百年常備薬の貫禄を示す。

 それに遅れること百年後発の下痢止め薬、ストッパは巻頭言で「ストレスやプレッシャー、飲みすぎなどの下痢!」と現代人にありがちなシチュエーションに訴求する。

 パッケージ画像には吹き出しで、「/紊覆1錠でのめる」「▲ぅ笋淵縫イが無い」「L欧ならない」「じの中ですばやく溶ける」「イ里澆笋垢ぅ哀譟璽廛侫襦璽通」と特性を堂々と掲げる。

 最大の売りである,筬い蓮△匹海ドヤ顔ふうだし、△癲崟杵丸特有のアノ臭いへの嫌味か!?」と勘繰れなくもないし、イ覆鵑は完全にイマドキ感を吹かせており、大先輩勢である正露丸一派(註:複数社から出ている)にも怯んでない。

違いは「止める」か「整える」か

 では、ここで問題です。服用不可の年齢でみた場合、どっちが「15才未満」服用不可で、どっちが「5才未満」が飲めないか? 当ててみてください。

 ハイ、正解は前者が「ストッパ」だ。「正露丸」は5才以上から服用できる。一見、その伝統的ラベルや薬名(その書体)の貫禄から、オトナ仕様に思える正露丸のほうが対象年齢が幅広い点が、意外といえば、意外。

 だが、よくよく考えてみれば、ゆえに百年常備薬として末永く服用されてきたのだろう。一方、ストレスや重圧からの下痢止め薬として後発進した「ストッパ」が、日々の通学や試験・受験で窮地に立たされやすい思春期層から(オトナまで)の服用に的を絞って製品開発を行なったのも、後出しの利だろう。

 しかもライオンさん、抜け目なく「小中学生用ストッパ下痢止めEX」も出しており、こちらは「11才以上15才未満の用量が2錠」、「5才以上11才未満は1錠」で服用可だ。さらに「生理・冷えによる下痢止めストッパL(エル)」という女性仕様も出ている。

 そんな現代的ラインナップに対抗できる超古株「正露丸」ならでは用法面での特性をあげると、「むし歯痛には、1〜1/2粒を歯窩(むし歯の穴)につめてください」というサプライズだろうか。さすがは戦場の兵士に携帯させただけのことはある。

 「正露丸」の危険性(説)については、本サイトの過去記事でも取り上げているので、そちらをご参照あれ。一方、ストッパの副作用としては、のどの渇きや多少の動悸、目のかすみなどがあり、母乳の出が悪くなるとか移行も確認されているので授乳期の服用は不可だ。

 さて、ネット上の投稿でよく見かけるのが「両者の併用は大丈夫か?」という質問だが、成分のバッティングはないのでNGではないようだ。なんだか幾分、(飲む場所も時間も選ばない手軽さからも)ストッパのほうにやや好意的な記事となったような気もする――。

 先日も、冷房がんがん・清涼飲料ぐびぐびになりがちな今夏の猛暑下、コンビニでの売れ行き好調商品を伝えるニュースの見出しには「正露丸」の文字が躍っていた。お腹が冷えての腹痛にはコンビニ世代もやはり「正露丸」か。王者、恐るべし。
(文=編集部)