日本代表の酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利した。この結果、6大会連続となるW杯本大会出場が決まった。試合後に酒井宏樹が取材に答えている。

 試合を振り返った酒井は「勝つ事が目標で、それを達成できたことは喜びたい。クラブも並行してやっていましたし、準備期間も難しい中でみんなとすり合わせてここまでやってきたので、間違いなくチームみんなの力ですし、出てる人だけじゃなくてみんなで勝ち取ったものだと思います」と語り、全員で勝ち取った勝利であることを強調した。

 体を投げ出して集中した守備を見せた酒井。所属するマルセイユでの経験が生きたプレーだったか聞かれると「マルセイユで強いチームを見て来て、強いチームがどうやって勝敗を決めるか、そういう細かいところだったので、最後のところで体を張るっていうのは生きてきた。でも今日のところは予測してきたところにボールが来ただけで、そうじゃない時もありますし。うまく防げて良かったですけど、その前に防がないといけないこともかなり多かったので、そこはチームとしての課題はあったんじゃないかと思います」とコメントしている。

 無失点で勝利をおさめたことに関しては「前線の選手たちが頑張ってプレッシャーをかけてくれたので、僕ら後ろの選手は予測をすることができましたし、中盤の2人をなるべくフリーにさせたくないというのを徹底して出来ていたので、僕らも落ちついて後手後手に回ることなく、インターセプトもできましたし、チーム全員の守備ですね。プレッシャーがうまくはまったと思います」と、前線の守備が良かったと明かした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部