今秋に「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」が発表・発売されると見込まれています。これまでに報じられた噂を整理し、どんなiPhoneになりそうなのかをご紹介します。

iPhone 8の情報はこちら。
【iPhone 8の噂まとめ】デザイン・仕様・発売日・価格の情報

目次

形状サイズカラーバリエーションTouch IDを搭載?ワイヤレス充電高速充電画面iSightカメラ・FaceTimeカメラプロセッサ・メモリ容量発表・発売の時期価格

iPhone 7sのデザイン

iPhone 7sの形状

iPhone 7sは『iPhone 7』、iPhone 7s Plusは『iPhone 7 Plus』と似ているようです。


画像:9to5Mac

ただし背面は金属製ではなく、ワイヤレス充電の充電スピードが低下しないガラス製になると噂されています。

細かい部分を見ていくと、側面がメッキ調の仕上げになり、iSightカメラは『iPhone 6s』のように出っ張っています。ボタンの位置やサイズは不明です。

目次に戻る

iPhone 7sのサイズ

これまでの噂が正しければ、iPhone 7/7 Plusよりも高さ・幅・厚さが0.1〜0.2ミリほど増えるようです。


出典:TechnoBuffalo

iSightカメラやボタンの形・位置に変更がなければ、流用できるiPhone 7/7 Plus用ケースがあるかもしれません。

目次に戻る

iPhone 7sのカラーバリエーション

前掲の写真でシルバー(ホワイト?)とブラック、以下の写真でローズゴールド風の色が確認されています。

いずれも原寸大模型の色なので、製作者によるオリジナルカラーの可能性もあります。

目次に戻る

iPhone 7sの仕様

iPhone 7sはTouch IDを搭載?

iPhone 8はホームボタンや、指紋を読み取るTouch IDセンサーを搭載しないと噂されていますが、iPhone 7s/7s Plusにこうした噂はありません。

iPhone 7s用とされる画面の写真が公開されましたが、ホームボタン用と思われる穴があることを確認できます。

このパーツが偽物、あるいはiPhone 7/7 Plus用である可能性もあります。しかし、もしiPhone 7s/7s Plus用であるなら、ホームボタン・Touch IDセンサーを引き続き搭載する可能性が高いでしょう。

目次に戻る

iPhone 7sはワイヤレス充電に対応?

他社のスマートフォンですでに採用されている規格『Qi』と互換性がある、ワイヤレス充電に対応する可能性が噂されています。充電台は付属しないようです。

そのためにiPhone 7/7 Plusで金属製だった背面が、iPhone 7s/7s Plusではガラス製に変更されると考えられています。

Qiと互換性があるとしても、ワイヤレス充電に使えるのはAppleからMFiライセンスを受けた充電台のみになる可能性があるようです。

ただし発売当初からワイヤレス充電は使えず、後日配信されるiOS 11.1へのアップデートが必要になる、という情報もあります。

目次に戻る

iPhone 7sは高速充電に対応?

iPad Proのように、USB-C - LightningケーブルとUSB-C充電器を使うことで、これまでよりも高速に充電できるかもしれません。

条件にもよりますが、この方法で高速充電に対応する初代『12.9インチiPad Pro』を充電したところ、付属の充電器よりも最大で7倍速く充電できたとする結果もあります。

今冬発売の『HomePod』の制御ソフトから高速充電への対応を示唆する記述も発見されています。しかし、これがiPhone 8だけの機能なのか、それともiPhone 7s/7s Plusも対応するのかは不明です。

iPhone 8には高速充電に対応した充電器やケーブルが付属する、という説もありますが、iPhone 7s/7s Plusにも同様に付属するかは分かっていません。

目次に戻る

iPhone 7sの画面

噂される本体のサイズがiPhone 7/7 Plusとほぼ同じであることから、画面サイズはiPhone 7sが4.7インチ、iPhone 7 Plusが5.5インチで変わらないと考えられます。

画面に使われる液晶も、iPhone 7/7 Plusと同じ方式である可能性が高く、変更があったとしても明るさ・画質の向上に留まるでしょう。

目次に戻る

iPhone 7sのiSightカメラ・FaceTimeカメラ

HomePodの制御ソフトから、4Kで60fps撮影が可能になる・1080pで240fps撮影が可能になる・HDR動画の撮影に対応する、といった新機能を示唆する記述が見つかっています。

もしそうした新機能がiPhone 7s/7s Plusで使えるなら、iSightカメラやFaceTimeカメラの画素数・撮影能力はiPhone 7/7 Plusよりも向上する可能性があります。

iSightカメラはiPhone 7/7 Plusと同じく、iPhone 7sで1つのレンズ、iPhone 7s Plusで2つのレンズを搭載する仕様になるようです。

目次に戻る

iPhone 7sのプロセッサ・メモリ

iPhone 7s/7s PlusはA11チップを搭載、と噂されています。

A11チップはiPhone 7/7 PlusのA10 Fusionチップと同じく、低電力チップと高性能チップを組み合わせた形になるようです。

出所不明のA11チップとiPhone 7s用ロジックボードでピンの数・位置が合うことも確認されています。

iPhone 8もA11チップを搭載するようですが、iPhone 7s/7s Plusと同等なのか、さらに処理能力を向上させたものになるのかは不明です。

システムメモリの容量はiPhone 7sが2GB、iPhone 7s PlusがiPhone 8と同等の3GBと噂されています。容量だけを比較するとiPhone 7/7 Plusと変わりません。

iPhone 8はメモリの読み書き速度がiPhone 7比で10〜15%速くなると予想されており、同じメモリが搭載されるのであればiPhone 7s/7s Plusも高速化するでしょう。

目次に戻る

iPhone 7sの容量

アプリやデータを保存する、ストレージの容量についての噂は今の所ないようです。

iPhone 7/7 Plusは32GB・128GB・256GBの3種類ですが、おそらくiPhone 7s/7s Plusも同様のラインアップになると考えられます。

目次に戻る

iPhone 7sの発表・発売の時期

直近の噂では、現地時間で9月12日(火)、日本時間ではおそらく9月13日(水)未明に発表、とされています。

例年通りなら、9月5日(火)か9月12日が有力です。


発表日は現地時間です。

Appleがイベント開催を正式に告知しました。内容は公表されていません。
→ Appleが9月13日にイベント開催を正式告知、iPhone 8発表か

発売日は9月22日(金)との推測も出ていますが、現時点で裏付けとなる有力な情報はないようです。例年通りなら、9月15日(金)か9月22日に発売される可能性が考えられます。

目次に戻る

iPhone 7sの価格

iPhone 7s/7s Plusの価格に関する噂によれば、iPhone 7/7 Plusと同じくらいの価格になります。

日本での価格は為替レートが関係しているので大きく変わることもありましたが、アメリカではほぼ同じ価格のままです。

最も安いモデルのアメリカでの価格は『iPhone 5s』からiPhone 7で649ドル、『iPhone 6 Plus』と『iPhone 6s Plus』で749ドル、iPhone 7 Plusで769ドルでした。

Appleが設定するレートが昨年と同様であれば、iPhone 7s/7s Plusの価格はiPhone 7/7 Plusと同程度と考えられます。

iPhone 7は32GBモデルが72,800円、128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円で、iPhone 7 Plusは32GBモデルが85,800円、128GBモデルが96,800円、256GBモデルが107,800円です(税別・Appleのネット販売の場合)。

目次に戻る

参考

iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する - Apple(日本)iPhone 7 and iPhone 7 Plus Now Available for Pre-Order - Mac RumorsiPhone 6s and iPhone 6s Plus Now Available for Pre-Order - Mac RumorsiPhone 6 and iPhone 6 Plus Now Available for Pre-Order [Updated] - Mac RumorsiPhone 5s Will Not Be Available for Pre-Order - Mac Rumors