韓国、イラン戦屈辱の5戦連続無得点 現地紙嘆き節「枠内シュートゼロ」、ライバル国に感謝の声

写真拡大

本拠地イラン戦で0-0ドロー、9大会連続のW杯出場は最終節にお預け

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループAの第9節が31日に行われ、同組2位の韓国は同1位のイランと0-0のスコアレスドローに終わり、9大会連続のW杯出場は最終節にお預けとなった。

 4位に転落したウズベキスタンとの敵地決戦の結果次第では8大会連続で出場してきたW杯への道が断たれる「アジアの虎」だが、韓国メディアは「イラン戦5試合連続ノーゴールの屈辱、枠内シュートもゼロ」という嘆き節から、「中国、ありがとう」と同組のライバルに感謝する声まで飛び出している。

 1986年メキシコ大会からW杯出場を果たしてきた韓国は最終戦に命運を委ねることになった。

 ウリ・シュティーリケ前監督を成績不振から解任し、シン・テヨン新監督を就任させるスクランブルとなった韓国が、すでにW杯出場を決めているイラン代表にホームで勝ちきれなかった。後半7分にはイランMFサイード・エザトラヒが一発レッドで退場処分を言い渡され数的有利になったが、10人のイランを崩せなかった。

 イラン代表のカルロス・ケイロス監督が自身のフェイスブックで韓国サイドから禿げ上がった芝など劣悪な練習場を準備されたことを告発するなど、韓国は勝利に手段を選ばなかったが、勝ち点3は手にできなかった。

中国がウズベクに勝利、韓国辛くも2位維持

 韓国紙「スポーツソウル」は「イラン戦5 試合連続ノーゴールの屈辱 枠内シュートもゼロ」や「崖っぷちのシン・テヨンが最終戦ウズベキスタン戦に臨む」と特集している。

 記事では「残念な90分間。必死に戦ったが、最も重要な勝利は近づかなかった。今回枠内シュートゼロだった」と決定力のなさに嘆き節だった。

 試合では後半から数的優位に立った韓国が地の利も生かし、58%のボール支配率を誇った。シュート本数は韓国、イランともに6本。だが枠内シュートはイランが1本、韓国が0本で、ノーゴールも納得の内容となった。

 一方、韓国紙「東亜日報」は「ありがとう、中国。シン・テヨンは最悪の事態を免れた」と特集した。中国は同日、韓国に勝ち点1差に迫っていたウズベキスタンと本拠地で対戦し、前半39分のPKを決めて中国が勝利。それにより韓国が2位の座を辛くもキープしたことを喜んでいた。

 とはいえ、9月5日の敵地決戦でウズベキスタンに負けてしまえば、危機的状況が待っている。3位に浮上したシリアの結果次第では、プレーオフにも出場できない屈辱のシナリオもあり得る状況だ。そして、感謝の言葉を述べた中国にもプレーオフ行きの可能性が残っている。

韓国代表監督は謝罪「申し訳ない」

 韓国紙「ハンギョレ」ではシン・テヨン監督の「勝利のために準備をしていた。しかし、得点できずに申し訳ない」という謝罪コメントを紹介している。

 グループAは韓国のドローで混戦模様。イランがすでにロシア行きを決め、2022年W杯ホスト国のカタールが唯一敗退決定となった以外に、韓国、ウズベキスタン、シリア、中国の4カ国にロシア行きの可能性が残されている。

 崖っぷちの韓国はウズベキスタン相手に勝利をつかみ、ロシア行きを決めることができるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images