「JPスタイル 和の究み」シリーズのワッペン(日清ペットフードの発表資料より)

写真拡大

日清ペットフードは2017年8月30日、犬の腸内細菌を整えて健康を維持する新しいペットフード「JPスタイル 和の究み」シリーズなどを2017年9月1日から発売すると発表した。

同社は東京大学との共同研究で、犬の腸内細菌にも人間同様に善玉菌がおり、犬の健康に影響を与えていることを発表したばかり。研究成果を新製品に生かした形だ。

犬も人間同様に「善玉菌」が健康に影響を与えている

同社の発表資料によると、「JPスタイル 和の究み」は、3種類の粒サイズ(超小粒・小粒・大粒)と、4種類の年齢ステージ(12か月までの子犬用・1歳からの成犬用・7歳からのシニア用・11歳からの超高齢用)で選ぶラインアップだ。食物繊維が豊富な国産小麦全粒粉を主な原料にして、オリゴ糖を配合、さらに犬の「善玉菌」である「有胞子性乳酸菌」を加えている。このオリゴ糖と乳酸菌の働きで、腸内細菌を整え、免疫力を保つとしている。

同社と東京大学は2017年1月、「犬の腸内細菌は加齢とともに変化する」という論文を国際生命科学誌に発表した。その中で、犬の腸内細菌は人間同様に加齢とともに老化すること、そして犬の「善玉菌」の種類を特定し、若い犬ほどその善玉菌を多く健康であることを突きとめている。