先日、紙面を見て目を疑った。

「埼玉の倉庫に死骸 女王ヒアリ確認」(日刊スポーツ 8月18日)

 という記事を見つけたからだ。


日刊スポーツ 8月18日

 私が驚いたのは、内陸県として初めてヒアリが見つかったという事実ではない。この記事のサイズである。いわゆるベタ記事でふつうに見逃すような小ささだったのだ。

我々はヒアリに「慣れてしまった」のか

 ヒアリ上陸報道から2カ月。ここまで我々はヒアリに「慣れてしまった」のか。いや、そもそもヒアリ報道はこの程度でちょうどいいのか? まず初上陸時の報道を振り返ってみよう。

「殺人毒アリ上陸」

 と一面できたのは「日刊ゲンダイ」(6月15日)。

「ヒアリ 毒あり ひやり」は朝日新聞(6月14日)。

《ヒアリは赤茶色で体長2.5〜6ミリ。人が刺されるとやけどのような激痛が走る。毒針で何度も刺すほど攻撃性が高く、アナフィラキシーショックによる死亡例もあるという。》(朝日)

「ヒアリ ひやり」のダジャレもオヤジジャーナルにマッチして“ヒアリ旋風”はこの日から始まった。


朝日新聞 6月14日朝刊 「言ってやった感」あるオヤジジャーナル節の見出し

 私が出演するラジオ番組のコーナーでも環境省に電話して聞いてみると、

「現在132種類いる特定外来生物で、もっとも日本に入ってこられるのがイヤだった」

「刺されると火傷のような激しい痛みが生じるから『火蟻』と書きます」

「今回発見されたコンテナの中にギョッとするぐらいたくさんいました」

「中国との貿易量が増えている現在、いつかこうなるのではと危惧していた」

 というパンチのあるコメントが次々に。

 環境省では2009年、ヒアリ被害の防止のため「ストップ・ザ・ヒアリ」というパンフレットを作製しているので、くわしくは公式サイトのPDFファイルで見てほしいとのこと。


ストップ・ザ・ヒアリ パンフレット表紙より

 さっそく見てみると映画「ゴーストバスターズ」のように、ヒアリに車両通行止めのマークの派手な表紙。「危険な外来昆虫『ヒアリ』による被害を防ぐために」というコピー。

《米国では年間に100名以上もの死者が出ています。》

 という説明も。ヒアリ、恐るべし。

脅威論に対置した毎日新聞の記事

 次々に日本各地でヒアリが見つかった。こんな商品も売れ始める。

「殺虫剤、商機アリ 増産・売り場特設 でも乱用は逆効果」(毎日新聞大阪 2017年8月16日)

 こんなときも「殺虫剤、商機アリ 」とダジャレで見出しをつけてしまうオヤジジャーナルの宿命も確認できる。


首相官邸で行われた「ヒアリ対策関係閣僚会議」(7月20日、左は山本公一環境相=当時) ©時事通信社

 ヒアリの脅威が報道されているなか「?」という記事が出た。

「ヒアリ『米100人死亡』否定 環境相、根拠確認できず」(毎日新聞 7月18日)

 先ほど紹介した環境省の「米国では年間に100名以上もの死者が出ています。」とのパンフの記述について「多すぎるのでは」との指摘が寄せられたので、調査したら根拠となるデータを確認できなかったという。

《そのため、パンフレットの使用をやめ、サイトからも関連部分の削除を進めた。》

《山本環境相は、04年以降にヒアリが定着した台湾で、死亡例が確認されていないことも説明した。》

 記事の最後は、

《琉球大の辻和希教授(昆虫生態学)は「都市化が進んだ地域では刺されてもすぐ病院に駆け込める。正しい知識と医療体制があれば救命できる可能性が高く、過剰に怖がる必要はない」と指摘する。》

 あれ……ヒアリ、聞いてたのと違う……。ちょっと拍子抜け。


ヒアリ ©時事通信社

《ヒアリの確認例は24日現在、兵庫、東京、大阪など9都府県で計2000匹以上に上っている》(読売新聞 8月25日)。

「怖い」から「いかにして対処するか」にムードが変化

「ヒアリ 世界ピリピリ 日本でも次々発見」(朝日新聞 8月23日)では「まずは港湾での徹底した水際対策に尽きる」「ヒアリの供給元となっている中国などの国々と、国境を越えて駆除の技術協力などを進める必要もある」と記事は締められていた。

 最初の報道から2カ月。「ヒアリ怖い」の大騒ぎから、いかにして対処するかという冷静モードになってきた。

 そう言えば95年には毒グモの「セアカゴケグモ」騒動があったけど、あれから今でも地味に確認されている。

 もしかしてヒアリもそのオチ?

(プチ鹿島)