U-12バルサ、今年も日本チームを慰めていた!またも「神対応」が話題

写真拡大 (全3枚)

今年が5回目の開催となる、「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」。

大和ハウスグループが特別協賛するこの大会には例年バルセロナが参加しており、徐々に知名度が高くなっている。

昨年の大会では決勝戦の後、バルセロナの選手たちが大宮アルディージャの選手を慰めるシーンがあまりに大人すぎると大きな感動を呼んだ。

あれから一年が経過し、バルセロナは今年も決勝に進出。

ファイナルで東京都U-12を2-1で下し4回目の優勝を飾ったのだが、またもや紳士的な対応を見せた(03:30から)。

タイムアップの終了が鳴り響くと、喜びを爆発させたバルセロナの選手たち。

しかしその後、昨年同様悔しさから倒れ込む対戦相手のもとに駆け寄り、肩に手を回すなどし誠意を持って対応していたのだ。

ハイライト映像に写っていたのはわずかであったが、バルセロナ選手たちがどれほど紳士的だったかはこれだけで伝わってくる。

さすがは人間形成をサポートするプログラムも用意されているバルセロナのカンテラである。今年も素晴らしいスポーツマンシップを見せてくれた。

画像提供:国内・海外のサッカーを楽しめる!「スカパー!サッカーオンデマンド」