まさか、うちの子が!?突然の「不登校」、家庭に潜む要因と親にできる対策4つ

写真拡大

文部科学省の調査(平成27年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」)によると、近年、小中学生の不登校は増加傾向。

【いじめ】800人の相談を受けたHP管理人が明かす「いじめ被害者」からの脱出法

周囲でも、子どもが不登校になったという話をよく聞きます。いじめや友人関係のトラブル、両親の不和といった明確な原因があるケースばかりでなく、はっきりした理由はないのに「なぜか行けなくなる」というケースも少なくないようです。

先述の文科省の調査でも、不登校の主たる要因として多く挙がったのは「『不安』の傾向がある」(30.6%)、「『無気力』の傾向がある」(30.2%)という漠然とした精神的なもので、「『学校における人間関係』に課題を抱えている」(17.2%)を大きく上回っています。

なぜこんなに多くの子どもたちが、学校に行けなくなるほどの不安や無気力を抱えてしまうのでしょうか。

親子関係に悩む女性専門のカウンセラーで、『お母さん、私を自由にして!』著者の高橋リエさんに、外からは見えにくく、親や子どもも気づきにくい不登校の原因について伺いました。

これといった理由もなく不登校に…。よくある要因とは?

高橋さんによると、一見大きな理由はなさそうなのに、些細なきっかけから急に学校に行けなくなるケースでは、子どもの子どもの「元気」=「生きるエネルギー」が低下している可能性があるといいます。

エネルギーが低下する原因としては、主に、次の2つが考えられるそう。

1.長年の親の過干渉によるストレス

高橋さん(以下、高橋)「もっとも多いのが、親の過干渉が日々ストレスになっていて、家でゆっくり休んで回復することもできないため、エネルギーが低下し続け、学校という集団生活のストレスに耐えられなくなるというケースです。

親の過干渉な言動とは、子どもの持ち物から友人関係に至るまで監視して細かく口出ししたり、子どもの普段の行動や進路、成績について、常に指示、命令、ダメ出ししたりすることです。

そのような過干渉な親のもと、子どもが本当にやりたいことができない環境で育つと、『ストレス過多』と『喜び不足』があいまって、子どもが持つ生きるエネルギーがどんどん低下します。

この現象は、幼いときから少しずつ進行してきているため、親も子どももそのことに気づけません。

そして、もうそろそろ限界というときに、友達との間のトラブルや先生の注意など、ちょっとしたストレスが加わると、身体が動かなくなり、不登校になってしまうのです」

2.もともと、子どもが神経過敏なタイプ

特に親が過干渉ではない場合は、もうひとつの要因も考えられるそうです。

高橋「その子が生まれつき、あるいは乳幼児期の体験などが原因で、神経過敏で緊張しやすいタイプであるケースです。

そういう子たちは、ふだんから、ふつうの子より緊張していて、消耗しやすく、ストレスを感じやすいため、エネルギーの低下が早まる傾向があります。

車酔いに例えると、自律神経が正常な状態であれば、車が多少揺れても大丈夫ですが、もともと緊張した神経過敏な状態になっていると、車の揺れを大きな負担と感じて、吐いてしまうなどの症状が出ることがあります。

神経過敏タイプの不登校は、それと似ています」

回復させるには、ストレスを減らすしかない

では、エネルギー不足で不登校になってしまった場合、親はどんな対応をとればいいのでしょうか?

高橋「身体が動かない不登校の状態は、『もうこれ以上ストレスにさらされると、生きられない』と身体が判断しているということ。いわば非常事態です。

適切な対応は、何とかして学校に行かせようとするのではなく、ストレスを減らして子どものエネルギーを回復させることを最優先に考えることです。

親の過干渉が子どもにとってストレスになっていると考えられる場合は、親が、『自分たちが子どもの生きるエネルギーを奪ってきたのだ』という自覚を持つことも重要です」

具体的には、次のような対応が不可欠だといいます。

親の言動を徹底的に見直す

高橋「このタイプの不登校では、親の言動がストレスになっていることが多いので、親は指示、命令、提案はもちろん、自分の意見を言うことや、自分発信のおしゃべりも控えます。

そして、子どもから話してきたときは、しっかり、じっくり聞きます。ただし、そのときも、親が言っていいセリフは、『わかった』『そうなんだ』『無理しなくていいよ』くらいです」

好きなだけ寝かせる

「不登校になると、昼夜逆転の生活になりがちですが、なかには、昼間寝るほうが回復する子も多いので、心配しないでほしいのです。子どもが元気になって『明日は朝起きて◯◯へ行こう』と決めれば、昼夜逆転は1日で直ります」

本人が好きなこと、ワクワクすることをさせる

「たとえゲームであっても、本人がやりたいことを自由にさせてあげると、回復になります。

また、子どもが好きな料理をつくって出すなど、子どもが喜ぶことをしてあげましょう。毎日、子どもを笑わせてあげられたら、回復は早くなるでしょう」

子どもが自分から行動するまで待つ

「子どもがしばらく休んで元気になってくると、親はつい期待して、よけいなプレッシャーを与えがち。でもそこで早まると、元の状態に戻ってしまいます。

子どもが元気になってきたときこそ、早まった言動を慎み、自分から行動するのをゆっくり待ってください」

以上が高橋さんが教える基本的な対応策ですが、不登校の問題はケースバイケース。原因が一つではなく、いくつかの要因が複雑に絡み合っていることもあります。

長引きそうなときや親自身の気持ちに不安があるときは、早めに精神科医やカウンセラーなどの専門家、できれば不登校に詳しい先生に相談することも必要でしょう。

強制的に登校させるとどうなる?

ただ、日本では、しつけを重んじる風潮が根強く、子どもの不登校に対して「甘えてるだけ」「根性が足りない」「本人の将来のために、無理にでも学校に行かせるべき」などの意見を耳にすることもあります。

たしかに、子どもが学校に行くのを嫌がったとき、親がそれを許さず、厳しい態度に出れば、「とりあえず不登校を避ける」という意味では有効かもしれません。

しかし高橋さんは、そのような強制的な態度は解決にはつながらないと指摘します。

高橋「これ以上のストレスに耐えられない状態の子どもを精神論で責めたり、強制的に学校に行かせようとしたりすれば、当然ながら、エネルギーはさらに低下します。

親が家庭でそういう態度をとると、子どもが部屋から出てこなくなる、場合によっては家庭内暴力に発展するなど、問題が悪化することもあります。

学校より家庭でのストレスの方が強烈な場合、子どもがへろへろに弱った状態でも登校することはありますが、長くはもちませんので、早晩、再び不登校になるリスクが高いでしょう。

学校は何とか卒業できたとしても、多くの場合、今度は社会のストレスに耐えられず、ニートになる、あるいはうつになるなど、身体が動けない状態を再現することになります」

不登校は、子どもから親たちへのメッセージ

高橋さんは、子どもを心配するあまり、過干渉になってしまう日本の親たちの心理には、戦中、戦後を必死で生き抜いてきた祖父母や父母の世代から受け継いできた「頑張れなかったら負け」という強迫観念があると考えているそうです。

高橋「でも、今や衣食住が余っていて、発想次第で自由に生きることが可能な時代。実際、元不登校で活躍している人も出てきていますし、小中高と行かなかったけれど、大学には行ったという人もいます。

学校に行かなくても生きていけるんです。

増え続ける不登校という現象は、子どもたちが強迫観念にかられて生きる親世代に『そんな生き方、おかしいよ!』と異議申し立てをしているのではないかと感じています」

子どもが不登校になると、子どもの将来が真っ暗になったように感じるママもいるかもしれませんが、決してそんなことはないのですね。

「むしろ『我が子を勝ち組にせねば』という思い込みを捨てて、子どもの個性をそのまま受け入れられるようになることで、親も子どもももっとラクになるし、幸せになれるはず」と高橋さんは訴えます。

今回、子どもが不登校になる要因の一つとして挙がった「過干渉」は、親であれば誰もがついしてしまいがちなことでもあります。

たとえ強い口調で指示や命令をしていなくても、穏やかな言葉や何気ない言動で子どもに干渉している場合もあり、自分ではなかなか気づきにくいものです。

過干渉をはじめ、自分目線の言動が多く、子どもの気持ちを思いやれない親のことを、一般的に「毒親」「毒母」と呼ぶことがありますが、高橋さんは著書の中で、毒母を客観的にタイプ分けして分析しています。

もし自分が知らず知らずのうちに毒母になっていないか気になったら、高橋さんの著書『お母さん、私を自由にして!』や、ハピママ*の記事『実は「隠れ毒母」!? カウンセラーが教える見分け方&グチ攻撃から逃れる方法』も参考にしてみてください。

取材協力:高橋リエ
母娘*謎解きカウンセラー。都内メンタルクリニック勤務を経て、2012年より、機能不全家族で育った女性たち向けにカウンセリングサロンをスタート。

「無意識の思い込み」に気づき「本当の自分」に目覚める「自分再生*リバースカウンセリング」を軸に、サロンのほか、ワークショップや各種講座を主催。無料メルマガ「母と娘の心の謎を解くメールカウンセリング」の会員は海外まで広がり、3年で5,000名を超える。