撮影:山口真由子 (C)LAURIER PRESS

写真拡大 (全13枚)

『鳥人間コンテスト』でおなじみの、“人力飛行機”の大会に挑む大学生サークルを舞台に、一つの目標に向かいながら、恋や友情などに揺れ動く若者たちの姿をコメディ要素満載で描いた、映画『トリガール!』が9月1日より公開♡


思ったことをはっきりと口に出す体育会系女子・ゆきなを土屋太鳳さんが演じ、そんなゆきなと人力飛行機でバディを組むことになる・坂場を間宮祥太朗さん、ゆきなが憧れる先輩・圭を高杉真宙さんと、旬の若手俳優のみなさんが顔をそろえます。
また、ラブコメ要素が多いながらも、大会での優勝という目標に向かって真剣に取り組む学生たちの姿にはグッとくる場面もあり、まさに“青春エンターテインメント”といった内容で、男女問わず楽しめるところもおすすめです♡


今回、ローリエプレス編集部では強面で毒舌ながら、ナイーブな心を持った坂場役を演じた間宮祥太朗さんにインタビュー! 現場でのお話や、今作の見どころの一つでもある、ゆきなと坂場が繰り広げる言いたい放題の痛快バトルの裏話などを聞かせてもらいました♡ 

また“太鳳”“祥太朗”と名前で呼び合う、土屋さんとの関係性についても聞いてしまいましたよ(笑)。

アドリブ満載! “太鳳”“祥太朗”と呼び合って息もピッタリ



最初に今作のオファーをもらったときの印象を教えてください!

「まずは原作を読ませて頂いたんですけど、すごくみずみずしいお話だなって思って。熱いし、汗っぽいんだけど、そこに清涼感があるというか。“スポ根”の要素があって、その辺りがいいなって思いました。ジャンルとしてはラブコメですけど、男の自分も共感できるところがたくさんあって、『俺、学生の頃、こういう物語が好きだったな』って思い出しました。それで、その活字で読んだときに想像した感覚を、上手く映像化したいなって。スクリーンで観たときに、この臨場感を肌で感じさせられるようなものにしたいなって思いましたね」


ゆきなとのバトルなど、勢いがあるシーンを多く演じられた間宮さん。実際の撮影では、アドリブが多かったのだとか!

「自分のそのとき、そのときで出てくる言葉をここまで発したのは初めてっていうくらいで。そこに対して太鳳も返してくるので、ライブ感の強い芝居になったと思います。セリフも届けるっていうより、投げてるみたいなイメージで。あとは体を動かしながらセリフを言うことも多かったので、セリフが体のテンポと一緒になってくるというか、リズムに合わせて言葉も出てくるんですよ。なので、そのときどきに出てくるものを大事にして演じました」

――撮影中では何が一番大変でしたか?

「体力的に言うと機体の中での撮影ですね。太鳳と二人で機体に乗って、中は空調が効かないからすごく暑くて。そこで必死に漕ぎながら大声で会話をするっていう(苦笑)。その日は早朝から撮影が始まって、夜までずっとその撮影だけをしていたので、最後は僕も太鳳もヘロヘロで。気合で芝居するみたいな感じになっていました」


――先ほどから土屋さんのことを「太鳳」と自然に呼ばれてるのですが……。

「それ、ネットニュースの記事にもなったんですが、そんなに不思議なことかな? っていう(笑)」

――土屋さんも間宮さんのことを「祥太朗」って呼んでるんですよね。

「それは僕からお願いしました。坂場とゆきなの関係性だと、お互いに食ってかかるシーンとかも多いし、あまりにも僕に対してかしこまられると逆にやりづらくなってしまうところもあるかなって思って。太鳳がすごく真面目でしっかりした子だったので、それで『祥太朗って呼んで』って言ったんですけど、最初はやっぱりぎこちなかったですね(笑)」

――年上の男の人を呼び捨てにするってハードル高いですもん。

「みたいですね(笑)。僕は全然抵抗なかったんですけど。でもニュースになっちゃったくらいだから、衝撃的だったのかなって」

間宮祥太朗さんはプレッシャーには強いタイプ



間宮さんが演じた坂場はヤンキー風の出立ちながら、実は水が怖かったりとナイーブな一面も持った青年。役柄との共通点を尋ねると「声がデカイこと(笑)」と、気になる女の子に優しくするのではなく、ついちょっかいを出してしまうタイプなところだそう。「僕も小学校のときとか、好きな子をいじめるタイプだった」と教えてくれました。一方で、坂場はプレッシャーに弱いですが、間宮さんはあまりプレッシャーは感じないタイプだと言います。

「すごいことを求められていると思ったらプレッシャーも感じるんでしょうけど、そんなことは求められてないですから(笑)。プレッシャーとは別で、ここは気合を入れなきゃなっていうのはありますけど、それによっての緊張とか、プレッシャーを感じるとかはないですね」


――今回、間宮さんが苦手というダンスのシーンもありましたが、そこは大丈夫だったんですか?

「台本を読んで、ダンスシーンが入っていた時点で、最悪だなって思いましたけど(苦笑)。自分で言うのもなんですけど、僕、物覚えも悪くないし、運動神経も悪くないし、リズム感も学生時代にバンドをやっていたりもして、そんなに悪くないんですよ。でも、ダンスはダメっていう。先生に教えてもらったんですけど、その先生も『なんでなんだろう?』って困っちゃうっていう(笑)。振りも入ってるし、合ってるんだけど、なんか違う。太鳳にも教えてもらったんですけど、上手いこと行かないんですよね。体がダンスに向いている、向いていないとかってあるのかなって。まあ、最終的には顔の迫力とテンションで乗り切れって、監督から言われて(笑)。撮影が終わったときは『やっと終わった〜』っていう感じでした」


今回は、同世代のキャストも多かったということで、現場での撮影以外のエピソードを聞くと、「太鳳(土屋さん)と真宙(高杉さん)と撮影のお休みを使って、テーマパークに行ってきた」と教えてくださいました。

「僕と真宙はパレードとかに入っていけるタイプじゃないんですけど、太鳳が『行くよ! 絶対に入ったら楽しいから』って言って。一緒に行ったマネージャーさんは、バレて騒ぎになったりしないかって心配してるんですけど、もう太鳳は夢中になっちゃっていて。それで僕と真宙もパレードの中に入ったんですけど、やってみたら楽しかったです(笑)。そうやって巻き込まれなかったら、僕は一生パレードの中に入るっていうことはなかっただろうな、と。自分ではできない経験をさせていただきました(笑)。彼女の行動力に感服しました」

映画作りと人力飛行機の共通点は?



さらに、今作では“人力飛行機”との出会いが坂場とゆきなの人生を変えて行くということもあり、間宮さん自身がこれまで経験した“出会い”についても話してくれました。

「僕の場合は事柄ではなくて、人になるんですけど。僕、昔から映画が好きで、映画に関わる仕事はしたいと思っていましたけど、役者とか芸能人になろうっていう気持ちはなかったんですね。でも、中学生のとき、たまたま先輩に誘われて雑誌の撮影に参加して。そしたらそこから今の事務所につながって、この仕事をするようになりました。その先輩との出会いがなかったら、役者をやっていたかどうかわからないなって思うんです。それから、役者になってからで言うと、始めたばかりのころはとにかくオーディションでも、現場でも周りを“食ってやろう”っていう考え方だったんです。俺が一番目立つ! みたいな。でも、『露出狂』(12年)っていう舞台で、玉置玲央さんに出会って。玉置さんの、演劇に対しても共演者さんに対しても、大きな愛を持っていらっしゃる姿をそばで見ていて、僕の現場でのスタンスが180度変わりました。一つの作品を作るっていう目的が一緒なのに、なんで俺は周りを敵視してたのかなって。力を合わせれば、よりよい相乗効果が生まれるっていうことを教えてもらいました」


――今のお話って、今作とつながるところがありますね。

「そうなんですよ。台本を読んだときに思ったんですけど、映画作りとすごく似ているなって。人力飛行機にはフェアリング班、プロペラ班、パイロット班っていうのがいて、撮影現場には照明部、撮影部、録音部、俳優部とかがいて。パイロット班が俳優部で、みんなで一緒になって作った作品というものに乗って、それを世に出すみたいな感じですよね」


間宮さんが共演者、スタッフとともに作り上げた“飛行機”のようでもある映画『トリガール!』。「エンターテインメントとして、ちゃんと楽しんで、ちゃんと感動して欲しい」と間宮さんが言う今作を、ぜひ劇場で体感してみては? 「笑っていた延長に感動がある」作品になっていますよ♡

読者の皆様にプレゼント♡


今回ローリエプレスから、間宮祥太朗さんのサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法
1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL


↑↑ダウンロードはこちらから♡↑↑

2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式ツイッターをフォロー&下記該当ツイートをRTするだけ♡



上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます
※応募期間:2017年8月31日〜2017年9月15日正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡
(取材・ローリエプレス / 文・瀧本幸恵)

衣装協力/原宿シカゴ、VICTIM、STEFANOROSSI