「恵比寿★マスカッツセクシー座談会vol.1」に登場した神咲詩織、川上奈々美、湊莉久、葵つかさ(左から)

写真拡大

日本が誇るセクシー集団・第2世代「恵比寿★マスカッツ」が2周年を迎え、冠番組「マスカットナイト・フィーバー!!!」(テレビ東京ほか)もますます盛り上がりを見せてきた。

【写真を見る】仲の良さそうな様子でワイワイと語ってくれた4人。時には真剣な話題も

そんなさまざまな活躍を見せる彼女たちにWEBサイト「ザテレビジョン」が迫る座談会連載の記念すべき第1回となる今回は、葵つかさ、神咲詩織、川上奈々美、湊莉久の4人が登場。2年間突っ走ってきたエピソードの数々や、3年目の目標を語ってくれた。

――第2世代恵比寿★マスカッツが2周年を迎えました。

川上:限界に挑戦しているなあと思いますね。特に体力面。全国ツアー(喜怒愛楽ツアー「全国イク行く〜」)では7曲連続でパフォーマンスをすることもあったので、体力がどこまで持つのか、限界を超えられるかということが試されているような気がします。

神咲:普段の仕事では、決まった人と長時間行動を共にすることは少ないんですよ。でもこうして丸2年一緒にいて…。ツアーの時も2カ月間丸々メンバーと一緒にいたし、普段も収録やダンスリハで、何だかんだで週に1回はみんなに会うんです。

避けられない人付き合いを20代のうちに経験できることは、本当にありがたいなと思っています。

葵:初めての収録の時に、マッコイ(斎藤)さんに「お前はソロプレーヤーなんだよ」って言われたことが今でも心に残っています。これはグループ活動なんだから、それを身に着けろと。自分自身でも、殻にこもってしまいがちだと自覚してました。

マスカッツに入ってから、メンバーとぶつかることも何度もあったんですが、今ではそういうことも少なくなって、自分の居心地のいい立ち位置を見つけることができました。振り返れば2年の月日が必要だったんだなと思いますね。

やっと、マスカッツが体になじんで、周りに甘えることも、助けてもらうことも増えてきました。

湊:逆に最初は、みんな仲良かったんだよね。女子にありがちな、一定の距離感みたいな。表面上は仲良くて、日がたつにつれて互いに我慢ができなくなってきて、どんどん仲が悪くなるんですよ。でもグループだから嫌でも会わなきゃいけなくて、たくさんぶつかる時期もありました。

マスカッツは、相手と向き合うことを避けてきた女の子が多いと思うんです。あくまで、普段はグラビアなどで活躍するソロプレーヤーなので。

それがお互いに向き合うようになって、直してほしいところや、逆にこういうところがいいっていう部分を言うようになったら、すごく風通しが良くなって、居心地も良くなった。そうしたら、変に気を使うこともなくなって、会った時に空気で分かるようになって。

2年もかかったというよりは、2年でここまで来られたんだ、と思っています。

川上:役割分担がうまくできてきたのかも。不得意なことは誰にでもあると思うんです。私の場合は言葉の選び方がすごく下手で(苦笑)。

そういう時、かみしお(神咲)がみんなにうまーく、やわらかーく伝えてくれるんです。こういう分担が自然にできるようになってきたのは、今回のツアーからかな?

――そんな2年分のマスカッツが詰まったツアーも、ラストを迎えました。振り返ってみて、いかがですか?

葵:私、リーダー(明日花キララ)のぎっくり腰しか思い出にない。

川上:本当に持ってるよね(笑)。リーダーなのに最終日に初参加って。

神咲:古川いおりちゃんが代役になって、しかもそれが前日に決まって、3連休つぶしてきてくれたんですよ。

川上:本人は相当頭抱えてたよね。

湊:でもそういう時のフォローもお互いにうまくなってきたよね。

神咲:最初は立ち位置も全然分かっていなかったのにね。できるようになるんだなあって思う。

川上:特にダンススキルと、頭の使い方ね(笑)。

葵:リーダーが来ないから、リハも自分たちでやらなきゃいけない状況になったりもしたよね。自主練でほぼ乗り越えたって言ってもいいかも。中途半端じゃ先生が来てくれないかもしれないし、自分たちの責任だと思って何もかもやってきたから。

かみしおちゃんとかスーブーがダンスリーダーになってくれて本当に助かった。

川上:曲と曲のつなぎ目の構成とかも、どうする? ってみんなで相談するもんね。

湊:自主練とかも、最初の頃は何をしたらいいのか誰も分からなくて。だから自主練なんてやる意味ないじゃんって思ってる子もいましたね。でも今回のツアーでは、とにかくいまやらなきゃいけないことを各々で出し合って、きちんと考えたんだよね。

川上:ライブ経験を積んだから、2年目はやっと分かったのかも。

――番組ではMC席にそれぞれが座ることもありました。どんな経験になりましたか?

神咲:MCとしてその場を回すわけでもないし、「次○○さん」って振るわけでもないんですが、MC席から見るひな壇の景色は新鮮でしたね。中でも三上悠亜ちゃんは表情の作り方が上手だな〜と思いました。いい勉強の場になりましたね。

川上:私はMC席から見ていて、つかさちゃんの笑いのポイントが好きだなとあらためて感じました(笑)。笑っちゃいけないところでよく笑ってるんですよ!

葵:私、基本的に猫かぶってるんですよね。でもだんだんみんなに見抜かれてきました。ちょっと変なところも自覚しているので、普段は隠してクールぶってるんですよ。人とあまり関わりませんって顔してるけど、実は結構寂しがり屋だし、盛り上がる時は盛り上がるし…。

湊:楽屋でも、結構はしゃいでるよね。

葵:それがみんなにバレてきたの(笑)。MC席は私もみんなの表情がよく見えて勉強になりました。私はよく表情が死んでるってスタッフさんに言われるんですが、それがよく分かりましたね…。

あとは、役割を与えられたこともうれしかったです。責任感が強くなるし、辞めたいって考える時も、役割があるおかげで踏みとどまることができると思います。私は最近「宇宙戦士」って名付けられました(笑)。

マスカッツを辞めちゃった子もいっぱいいるけれど、もうちょっといたら絶対に楽しかったのにって思います。みんなそれぞれが1人で輝ける場所で普段は仕事をしているから、少しでも相手にされなかったり、自分のターンが来ないと必要がないのかなって感じて、「もういいや」って思っちゃう気持ちもわかるけど、もったいないなって。今じゃ「出番ないんだ、みんな頑張れ〜」って純粋に口に出してますもん。

神咲:私、役目ないんだ…とは思わなくなったね。

湊:一人ひとりに出番があるから、みんなそれをちゃんと分かるようになってきたよね。

神咲:今回のツアーから思ったことをきちんと言ってくれるメンバーが増えたかも。1人じゃ気付けないことも、みんなで補い合ってるなあって感じます。

――それは、1期や2期などは関係なく?

川上:関係ないですね!いや、私たちはないけどそう感じられてるのかな…(笑)。

湊:むしろ、2期や3期が引っ張っていってくれることもあるので、助けられてます。

――恵比寿★マスカッツといえばやはりマッコイさんの存在も大きいかと思いますが、もしマッコイさんに一言、物申すとしたら?

湊:(食い気味に)ムリムリムリムリ!!! いつもありがとうございます!!!!!!

葵:でも…言いだせばきりがないよね。

神咲&川上&湊:出た、爆弾!!(笑)

葵:違うの、結局お父さんみたいなところがあるから、甘えちゃうの。あ、それでもね、アルバムが春に出たから、曲数がすごく増えまして。初代マスカッツさんの曲もライブでやるから、本当にすごいペースで振りを覚えなきゃいけないんですよ。

正直、もう26歳だし、限界感じてます!! もうちょっとゆっくりやろうよ!!って(笑)。

湊:でも曲が出せるってことはありがたいことなんだよ。って鈴木(寿裕)プロデューサーが言ってた。

――直接マッコイさんとお話している時間というのは、実際にはどれくらいあるんでしょう?

葵:収録後にマッコイさんの元に行列ができるんですよ。その日の出来を聞くために、みんな並ぶんです。そうすると、マッコイさんが「おまえはあの時ああしたらいいんだよ」とか「あれはあれで仕方ないよ」とか言ってくださって、時にはガチ説教されることも…。

湊:正直、聞くのは怖いですよ。でもなんかこう、もやもやするんですよ。収録後に、どこがオンエアされるか分からない状態で、「しくったかも」とか「絶対すべったよな」とか、その次の収録に絶対に引っ張りたくなくて。

でも切り替えなきゃいけないから、自然とマッコイさんに意見を聞きに行ってしまうんです。ヒントを貰いに行ってるといってもいいかも。そこで「大丈夫」って言われれば、安心できるし。

川上:え〜。私も大丈夫って言われたい。

湊:基本は褒められないですよ!(笑) それでも駄目出しをされたらされたでそこで修正して切り替えられるから、きっとみんな何かしらの言葉が欲しくて行列を作ってるんじゃないかな…。

川上:あの、「大丈夫と言ってください」とマッコイさんにお伝えください。

神咲:“褒めて”ってフレーズが曲のいろんなところに出てくるのも、うちらが褒めてほしいって考えてるのを分かってるんじゃないかなって思います。簡単には褒めてくれないですし、でも褒めてくれる時は褒めてくれる。調子乗んなよって空気は出しますけど…変な汗かいてきた(笑)。

川上:「精いっぱい頑張ります」

神咲:「付いていきます」

――だから、たまには褒めて、ってことですよね。

神咲:そうなんですよ(泣)。楽屋で「何が悪かったんだろう?」「マッコイさんのあの目、怖かった〜」ってみんなで話しますもん。

湊:すべったあとで思わずマッコイさんの方を見ちゃいます。

――トラウマ体験が続々出てきそうなのでこのへんで! さて、皆さんの冠番組「マスカットナイト・フィーバー!!!」では、ロケ企画なども増えるとお伺いしました。今後やってみたいロケ企画はありますか?

神咲:広い所で運動会をやってみたいです!

川上:初代の皆さんが富士急(ハイランド)行ってたよね。ジェットコースターに乗る時にカメラ付けてみたい。ちょっとブサイクに映るやつ。そもそもみんなで外に行ったこともないので。

湊:あ、全力で雪合戦もしたーい!! つーちゃん、顔面狙ってきそう(笑)。

葵:しないし! そんなキャラじゃないし! でもロケは行ってみたいな〜。泊まりとか、嫌だけど心霊スポットとか。嫌だよ。嫌だけど、誰かが行ってるの見たい。

湊:分かる。誰かに行ってもらって、そのVTRをスタジオで見て笑いたいな(笑)。

川上:嫌だって言うと行かされるからね。言わないようにしよ〜。

葵:私行くなら周り固める! 四方八方に人がいないと行けないもん! 一人とか絶対無理!!

――今後が楽しみです(笑)。それでは最後に、3年目のマスカッツの展望を教えてください。

湊:実は結成当初に、2年で初代を超えろと言われていたんです。初代の皆さんが解散ライブで立った、舞浜アンフィシアターの舞台に2年で立ちなさいと。

もちろん、バラエティーでも初代の皆さんより面白くならなくちゃいけなくて、でも2年たって初代の皆さんに敵わないと思うことがいまだにあり過ぎて…。

だから3年目は少しでも、初代の皆さんに追い付けたかなって思えるように、バラエティーもライブパフォーマンスもしっかり磨いていきたいです。もっともっと変わっていくので、ぜひ期待してほしいです!

川上:2年目はまだ足踏み状態だったかなあと思っています。役割がやっと分かってきたっていう段階だったので、3年目は自分の役割を全員が把握して、引く時は引く、出る時は出るようになりたいですね。

あとは、初代の皆さんみたいに決まりのくだりができて、フェスとかで初めてマスカッツを見るお客さんにも、笑ってもらえるようになったらいいなと思います。

神咲:それぞれの役割がだんだんと分かってきて、化学反応が起こることも増えてきて…。化学反応は起こそうとするよりも、もがいていれば何かが起こるのかなってことも分かってきました。

それでもまだまだ分からないことはいっぱいありますが、がむしゃらに頑張っていきたいです。そして、目に見える形で成長が感じられる3年目になればいいなと思います。

初代の皆さんと全く同じでもいけないし、第2世代なりの今の時代らしい、新しくて面白くてすごい! と感じていただけるグループになっていきたいです。

葵:年末にマッコイさんと真剣に話し合った時に、「初代(マスカッツメンバー)も最近、おまえらのこと認めだしたぞ」って言葉を聞けたんです。初代の皆さんの中にはマスカッツを続けたかった人や、マッコイさんの下でもっとやりたかった人もいたって知っているので、この環境に感謝しなきゃいけないなと思います。

マスカッツとして視聴者の皆さんに認めてほしいですし、3年目は根性の見せどころかと思って意気込んでます! 応援よろしくお願いします!

■WEBサイト「ザテレビジョン」では、恵比寿★マスカッツの本音に迫る座談会を毎月1日掲載。次回10月1日(日)は神崎紗衣×辰巳シーナ×吉澤ゲッスー友貴が裏側を暴露!?