アフガニスタン・カンダハル州でタリバンによる自爆攻撃の現場を飛ぶ米軍の米軍のブラックホーク・ヘリコプター(2017年8月2日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官は31日、国防総省がアフガニスタンへの新たな派兵を命じたことを明らかにした。増派の規模は示していない。

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は大統領選で米軍のアフガニスタン撤退を公約に掲げていたが、米軍幹部の説得を受けて戦略を抜本的に見直し、公約を撤回。21日に行った対アフガン政策発表で、同国の旧支配勢力タリバン(Taliban)の伸張に対抗するため、駐留米軍を増強すると表明していた。

 マティス長官によれば、増派は承認されたばかりで、まだ実行されていない。現在アフガニスタンに駐留する米兵は1万1000人。一部の推計では、追加で派遣される兵士は最終的に4000人に達する可能性がある。
【翻訳編集】AFPBB News