音楽や落語を聴き流しながら作業をすることが多いし、雑音とかも気にしないタイプ。それでも、時々あるんですね、どうしても集中できないってことが。普段は意識してないクーラーの音とかが妙に気になったり……。

そんな時にはコイツです。〈CRESCENDO(クレッシェンド)〉のイヤープロテクター。

「Sleep」や「Music」、「Fly」など、いろんなシーンに合わせたモデルが発売されていて、それぞれに適したフィルターを搭載しているのが特徴です。耳に栓をして、音をシャットアウトするっていうのとはちょっと違う。

例えば、僕が愛用している「Office」は、クーラーのウォーンっていう音とか、周囲でのカサカサゴソゴソといった音は聞こえないけれど、会話や着信音はちょっと聞こえます。

この“ちょっと聞こえる”っていうのがポイントで、まったくの無音じゃない。そこがいいんです。無音だと意外と集中できないですから。

とくに人の声に関しては、耳につけたまま会話が可能なレベルなので、声をかけられるたびに耳から外す必要はなし。つけっぱなしでも支障はありません。

オフィスはもちろん、自宅での作業時にもいいですよ。

Amazonや家電量販店でも手に入ります。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。