長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利した。この結果、6大会連続となるW杯本大会出場が決まった。

 長友佑都は先制点をアシストしただけでなく、堅実な守備で対面の相手に自由を与えなかった。乾貴士、井手口陽介、昌子源ら周囲の味方と連係しながら攻守に渡って貢献した。

「走力もそうだし1対1の部分も、オーストラリアはフィジカルが強いとか、高さがあるとか言われて、そこで負けるのは僕自分のプライドが許さない。でかい奴が来れば来るほど自分は燃えるタイプだし、強いやつが来ればもっと燃えるし。今日は楽しかったですね」

 相手にボールを持たれる時間が長かったが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の言う『デュエル』や攻守の切り替えで上回った。長友も手応えを得ているようで、日本サッカーが新時代に突入したとも感じているようだ。

「球際戦える選手、走れる選手、1対1に強い選手があれだけ出てこのサッカーができたので、日本サッカーの新たなスタイルがもしかしたら確立していくのかもしれない」

 ザックジャパン時代はメンバーをある程度固定しながらチームを成熟させていったが、ハリルジャパンは多くの選手を起用しながらW杯出場権を獲得した。長友はハリルホジッチ監督の手法についてこう述べる。

「コンディションを重視する監督なので、少しでもコンディション落としたらもう外れる。今日はたまたま出られたけど、インテルでの厳しい競争に勝って試合に出続けないと、日本代表でのプレーは難しいかなということは感じる」

 長友ほどの選手でもポジションは約束されていない。そうした危機感がチームを成長させていったと言えるだろう。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部