日本代表の長谷部誠【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第9節の試合が31日に行われ、日本代表はホームでオーストラリア代表と対戦。2-0の勝利を収め、6大会連続となるW杯本大会出場を決定した。

 勝てば予選突破が決定する状況だった日本は、41分に長友佑都からのクロスに合わせた浅野拓磨のゴールで先制。さらに82分には井手口陽介が追加点を奪い、首位でのグループB突破を確定させる勝利を手にした。

「とにかく勝ててホッとしています。本当に2年間という長い予選の中で紆余曲折がありましたけど、最終的にこのようにみんなで結果を得られたというのは非常に嬉しいです」とキャプテンのMF長谷部誠は試合後に予選突破を喜んだ。

「美しい、綺麗なサッカーではなかったかもしれない」と長谷部はこの日の試合内容についてコメント。苦しい試合だったことを認めながらも、「その中でも自分たちも我慢して、効率よく点を取った。改めて、サッカーとはこういうものなのかなと感じています」とチームの戦いぶりについて述べた。

 この日の試合では22歳の浅野と21歳の井手口が予選突破を決定づけるゴールを奪った。「若い選手が出てきて、結果も出してくれていますし、チームの活性化という部分はかなり出てきているというのがあります」と長谷部も若手の台頭を歓迎している。

 だがそれは、チームの功労者であってもW杯出場が約束されてはいないことも意味する。「誰一人、W杯に行ける切符というのはまだ掴んでいない。メンバーの固定というのはないと思うし、本当に良い意味で誰にでもチャンスがあると思う」とベテランMFが言うように、選手たちはこれから本大会出場に向けたチーム内での争いにも勝利しなければならない。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部