川島永嗣【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利した。この結果、6大会連続となるW杯本大会出場が決まった。

「ホームでこういう形で決められて、最高に良かった」と喜びを口にしたのは川島永嗣だ。この日も日本のゴールマウスを守り、ヒヤリとするシーンこそあったが無失点に貢献した。

 苦しみながら勝ち取ったW杯出場権は、前回大会のそれとは少し意味合いが異なるようだ。

「4年前はどちらかというと、ひとつのチームとして成長しながら勝ち取ったW杯(出場)だと思う。今回は監督が色々な選手を使いながら勝ち取ったもの。そういう意味では色々な選手がW杯出場に貢献していると。監督も言っていると思いますけど、日本人の選手全てに扉は開かれていると思うし、全員で勝ち取ったW杯じゃないかと思う」

 所属クラブで出場機会に恵まれなかった時期、ハリルジャパンの正GKからも遠ざかった。しかし、弛まぬ努力で信頼を勝ち取ると再び、チームになくてはならない存在となった。

「個人的にもチームとしても厳しい最終予選だったと思う。自分自身も真価が問われたと思いますし、チームとしても真価が問われたと。そういう中で一つひとつ厳しい試合や時期っていうのを乗り越えてここまで来られたのかなと」

 今回のアジア最終予選を経て、川島はより逞しい選手へと成長していた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部