浅野拓磨【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利した。この結果、6大会連続となるW杯本大会出場が決まった。

 先制点は狙い通りの形だった。ネットを揺らした浅野拓磨は言う。

「あそこで入るか入らないかという結果論の世界で、あの動きを僕は常に意識している。あれが入っていなかったら何もなかったかのように忘れられるだけ。その最後の精度をどれだけ上げられるかだと思うので、今日は結果に結びつけられて良かった」

 今シリーズでは9人のFWが招集されている。浅野もヴァイッド・ハリルホジッチ監督から期待されているが、右サイドは本田圭佑や久保裕也と実力者が揃う。その中で今回、“ジャガー”の愛称で親しまれるストライカーは起用に応えた。

「注目があるほど結果を残そうと、より一層燃えるものはあった。でも常に結果を残すことがどれだけ難しいかっていうのがわかっている。こうやって大事な試合だけじゃなくて常に結果を残せるような選手に、それが当たり前になることが僕にとっての理想だと思うので、まだまだだなと思います」

 本田圭佑、香川真司の2枚看板がベンチスタートとなり、浅野、井手口陽介がスタメンに抜擢された。「上の人たちに頼ってばっかりじゃダメだなと思う」と話す浅野は、「僕たちが自信を持って日本のために戦うという時代にしていかないといけない」と決意を示した。

 日本にとって貴重な先制点を、オーストラリアのスピラノビッチは「ラッキーゴール」とした。だが、抜群のタイミングでフリーとなりネットを揺らした一連のプレーは、浅野の点取り屋としての実力によるものだった。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部