ドルトムント、マンチェスター・シティから17歳の逸材MFサンチョ獲得! 背番号はデンベレの7番に

写真拡大

▽ドルトムントは8月31日、マンチェスター・シティからU-18イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(17)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期とのみ記載されており、背番号は「7」に決定した。

▽2015年にワトフォードの下部組織からシティのアカデミーに加入したサンチョは、左右のウイングを主戦場とする右利きのドリブラー。超絶技巧を生かしたドリブルに加え、ラストパスや決定力にも優れる逸材は、今年5月に行われたU-17欧州選手権で大会最優秀選手にも輝いていた。

▽シティはトップチーム昇格を臨んだものの出場機会を求めるサンチョはプロ契約締結を拒否し、一時はアーセナルやトッテナムへの移籍の噂も出ていた。しかし、最終的に若手の育成に定評があるドルトムントに加入することになった。

▽多くのビッグクラブとの争奪戦を制し、サンチョ獲得に成功したドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「現在、ヨーロッパサッカー界で最高の若手プレーヤーの1人であるジェイドン・サンチョが、ドルトムントでプレーしたいと言ってくれたことをとても嬉しく思う。我々はこの若き逸材の成長を助け、彼がチームに新たな価値をもたらしてくれると確信している」と、逸材確保に満足感を示した。