イラン戦ドローの韓国はW杯出場失敗も… 予選A組は最終戦で4カ国がロシア行き争う大混戦

写真拡大 (全2枚)

韓国は本拠地イラン戦で0-0ドロー グループAの6カ国でカタールだけ敗退決定

 日本代表が31日のオーストラリア戦に2-0で勝利し、アジア最終予選グループBの首位を確定させ、6大会連続6回目のワールドカップ(W杯)出場を決めた一方、グループAは超の付く大混戦で9月5日の最終予選最終戦を迎えることになった。

 最終予選10試合のうち9試合目の状況で、グループ2位の韓国はすでに本大会出場を決めているイランを本拠地に迎え、0-0の引き分けに終わった。韓国と2位の座を争っていたウズベキスタンは、最下位の中国に0-1で敗戦。さらに4位シリアがカタールに3-1で快勝し、本大会へ自動出場権を手にできる2位とプレーオフ進出の3位を巡る状況は複雑化した。

 現時点での順位は、2位が韓国(勝ち点14)、3位がシリア(同12)、4位がウズベキスタン(同12)、5位に中国(同9)と続く。この日を終えて勝ち点7で2022年ワールドカップ主催国カタールの敗退だけが決定している。

 そして最終戦の対戦カードは、4位ウズベキスタンが本拠地で2位韓国を迎える直接対決が組まれている。ここで勝利すれば文句なしに2位が決まる韓国だが、敵地でウズベキスタンと引き分けた場合には混迷の事態を迎える。シリアがすでに出場を決めているイラン相手に勝利した場合、勝ち点では並ぶものの得失点差で逆転されることになる。その場合、シリアが2位、韓国が3位という結果になり、韓国はアジア最終予選B組3位相手のプレーオフに回ることになる。

リッピ効果で急浮上の中国もPO出場の可能性も

 韓国が敗れた場合はウズベキスタンに逆転されることが確定しており、さらにシリアがイランに勝利すれば韓国は4位に転落する。まさかのプレーオフ進出すら逃し、韓国はW杯出場失敗という悲劇のシナリオも現実味を帯びている。

 一方、W杯行きの可能性を残しているのが中国だ。最終予選序盤は低空飛行を続けていたが、名将マルチェロ・リッピを招聘し、ここにきて急上昇している。

 最終戦で韓国がウズベキスタンに勝利し、イランがシリアに勝利すれば、シリアとウズベキスタンの勝ち点は12にとどまる。中国が最終戦でカタールに勝利し、得失点差で逆転にこぎつけた場合、ラスト2戦の大逆転で3位に滑り込み、プレーオフ進出に漕ぎつけることになる。

 6チームで争われるアジア最終予選で、A組は最上位と最下位が決まったものの、2位から5位は大混戦。1986年メキシコ大会から8大会連続でW杯に出場している韓国だが、「アジアの虎」と称されるアジアの雄は屈辱の予選突破失敗という悲劇を迎えるのか。

 3会場全ての結果が互いのロシア行きの運命に影響を与える大混戦の結末は、どのような形になるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images