[8.31 W杯アジア最終予選 日本2-0オーストラリア 埼玉]

 日本代表は31日、W杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し、2-0で勝利。6大会連続6度目のW杯出場を決めた。これを受けてセレッソ大阪のMF清武弘嗣が「おめでとう日本!!」と自身のブログ(https://ameblo.jp/kiyotake-hiroshi/entry-12306509175.html)を更新している。

 ここまでW杯アジア最終予選に5試合出場し、昨年11月15日に行われたサウジアラビア戦ではゴールも記録していた清武。セビージャからC大阪に復帰した今季は、リーグ戦11試合に出場していたが、6月25日のJ1第16節・仙台戦で負傷。左ハムストリング筋損傷で全治8週間と診断された。

 そのため、清武は今回のメンバーから外れ、W杯出場決定のピッチに立つことはできなかった。試合終了直後にブログを更新し、「凄い試合!おめでとう日本」とW杯出場を喜びながらも「いろんな気持ちがあるけど、、、本当にいい試合だったな」と悔しさを押し殺し、「また明日から、2部練頑張ろ!リハビリ組だけね。笑」と復帰に向けて切り替えた。


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧