デシグアル

写真拡大

 「デシグアル(Desigual)」が、ジャン=ポール・グード(Jean-Paul Goude)とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。
 デシグアルは、ジャン=ポール・グードを芸術顧問としてブランドに迎え入れ、2018年春夏コレクションおよびその先を見据えたジョイント・ベンチャーとしてコラボレーションを実施。ジャン=ポール・グードは、プロダクトデザインからマーケティング活動まで、デシグアルのブランドイメージに関わるあらゆる側面に携わるという。
 ジャン=ポール・グードとコラボレーションした新生デシグアルは、9月7日にニューヨークで開催される2018年春夏コレクションのショーでデビュー。このショーでは、グードによるウィメンズのカプセルコレクションも発表される。
 契約締結に際し、グードは「挑戦するのが好きですし、またデシグアルがそのDNAに忠実でありながらもブランドイメージをリニューアルする過程に役立てることがとても嬉しい」とコメントを発表している。
 デシグアルは、1984年にスペイン・バルセロナで創業。現在は200カ国以上で、オンラインストアを含め直営店500店以上を展開している。