清 竜人25の第6夫人・清 可恩が「可恩」として活動再開 今後を語るトークイベント開催も

写真拡大

 今年6月17日に解散した清 竜人25の第6夫人・清 可恩が、「可恩」として活動を再開する。あわせて、彼女が以前から活動していたバンドが「Dreamy Melts」として再始動することも決定。バンドの公式サイトやTwitterもオープンした。

(関連:清竜人25とAwesome City Club、初期コンセプトをめぐるそれぞれのやり方

 また、9月18日にLoft9 Shibuyaでトークイベント『可恩・ファンフェスタ2017〜開幕戦〜』を開催。旧知の仲である西井万理那(APOKALIPPPS / ex.生ハムと焼うどん)、宗像明将(音楽評論家)も参加し、今後の活動について語るという。チケットは9月2日正午よりe+で発売予定。さらに、本日9月1日から全国のLOFT系列店で配布されるフリーペーパー『Rooftop』最新号に、可恩としての初めてのインタビューが掲載される。

 また、可恩が15歳のときに作詞作曲し、高校生時代からバンドで演奏してきた楽曲「Wonder Workers」の無料配信がOTOTOYでスタートする。配信日は近日を予定している。また、同曲はDreamy MeltsのYouTubeチャンネルでも視聴が可能だ。(リアルサウンド編集部)