豪州キラーの面目躍如! ハリルJ救った長友の必殺クロス、伝説の一撃に続きゴール演出

写真拡大

長友のクロスから浅野が先制弾 11年アジア杯決勝の豪州戦でも決勝アシスト

 難敵を撃破するゴールは、またしてもこの男のクロスから生まれた。

 インテルの日本代表DF長友佑都は、31日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦(2-0)に左サイドバックでフル出場すると、前半41分に右足クロスでFW浅野拓磨(シュツットガルト)の先制ゴールをアシストした。

 まさに“豪州キラー”の面目躍如か。オーストラリアにボールを試合される展開のなか、前半残り5分を切った場面で長友が攻撃参加し、左サイドでボールをキープ。縦に勝負するスペースがないと見るや、中央方向へカットインしながら中の状況を確認した。

「ニアを越えればチャンスになると思い、あのゾーンに上手く入れられた」

 オーストラリアの最終ラインは、ニアサイドでボールを引き出す動きを見せたFW大迫勇也(ケルン)に完全に釣られた。浅野をケアする選手はおらず、中途半端にラインを上げたところに、長友から狙い通りに必殺クロスが届く。それを浅野が左足で流し込んだ。

 W杯予選でこれまでオーストラリアに未勝利だった日本だが、公式戦では2011年アジアカップ決勝で激闘を演じた。延長の末に1-0で勝利した一戦の決勝ゴールは、長友の左足クロスから生まれた。豪快なボレーシュートで合わせたFW李忠成(浦和レッズ)のゴールは、日本サッカー史に残る伝説の一撃として語り草になっている。そして、W杯出場決定という新たな歴史を刻んだこのオーストラリア戦のゴールも、長友のアシストだった。

自身3大会連続のW杯へ「まだまだできる」

 昨季終了後にはインテルから戦力外の扱いを受け、放出候補の筆頭とも現地メディアで報じられた。しかし、プレシーズンで着実なアピールを続け、開幕2戦連続スタメンを勝ち取っている。その2戦目の現地時間26日ローマ戦では、左ハムストリングスの違和感で自ら交代を要求していた。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督をはじめとする関係者全員をヒヤリとさせたが、見事に復活しゴールをお膳立てする活躍を披露した。

「コンディションは良かったですけど、まだまだできると思うので、もっと上げていきたいと思います。まだワールドカップに自分自身が出るとは限らないので1年間しっかり戦って選ばれるように頑張ります」

 長友にとって3大会連続出場が懸かる来年のロシアW杯に向け、メンバー入りを誓った。最終予選初戦ホームUAE戦は1-2とまさかの黒星発進。昨年10月のオーストラリア戦(1-1)、今年6月のイラク戦(1-1)と苦しい戦いが続いたハリルジャパンを救ったのは、この日が代表96試合目の出場となったダイナモの右足だった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

田口有史●写真 photo by Yukihito Taguchi