本来はウイングのクルーズ(写真)を1トップで起用したサッカルーズ。攻撃が機能していたとは言い難い内容だった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 意気揚々と埼玉スタジアムのピッチに登場したオーストラリア代表。90分間の中で攻勢を仕掛ける時間帯も多々あったサッカルーズ(同代表の愛称)だが、終わってみればノーゴールの完敗だ。
 
 この試合で不慣れな1トップに入ったのが、ベテランFWのロビー・クルーズ。うつむき加減に、ミックスゾーンでゲーム分析を試みた。
 
「ポゼッションでは我々が上回っていたと思うが、ボールをスピーディーに回せなかったんだ。本来のゲームプランは少ないタッチ数でどんどん回して相手の守備を崩すところが、4回も5回もボールに触っていた。ああなると意図する攻撃はできない。エリア内になかなか侵入できなくて、チャンスを掴めなかった。日本にとっては守るのがイージーだったはずだ」
 
 さらに、終盤はもっとロングボールを多用すべきだったと述懐する。
 
「ゲーム終盤、日本は自陣深くに籠っていた。選手交代を活かしながら我々はポゼッションからロングボールを使う攻めに転じるべきだったが、意思の疎通ができていなかったように思う。それが残念でならないよ。そして、不意打ち(2点目)を食らった。フットボールとはそういうものさ」
 
 最後は「もう一度自分たち自身を奮い立たせなければならない」と前を向いたクルーズ。オーストラリアは最終節のタイ戦で勝利を挙げたうえで、サウジアラビアが日本戦の結果を待つ。引き分け以下の結果で終わることを祈りつつ……。