「欧州のエリートが…」 バイエルンで不遇の20歳の逸材が意外な新天地に移籍決定

写真拡大

ポルトガル代表サンチェスはスウォンジーに1年間の武者修行

 バイエルン・ミュンヘンの若武者、20歳のポルトガル代表MFレナト・サンチェスが31日にプレミアリーグのスウォンジーに1年間の期限付き移籍をすることが決定した。

 スウォンジーが公式サイトで発表している。

 サンチェスは18歳で迎えた昨年6月の欧州選手権フランス大会でポルトガル代表の初優勝に貢献。一躍ビッグクラブの注目を集める存在になり、ドイツの絶対王者バイエルンへと加入していた。しかし、カルロ・アンチェロッティ監督の信頼を手にできず、昨季から出場機会を手にすることができていなかった。

 そんなサンチェスに対して、イタリア王者ユベントスやACミランが獲得を目指して交渉していると、イタリアメディアでは報じられていたが、若きタレントの確保に成功したのは意外にもスウォンジーだった。

 クラブの公式サイトでは「欧州のエリートの若きタレントの1人が」と獲得の喜びを爆発させている。スウォンジーは中盤のキーマンだったアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンをエバートンにチーム史上最高額の移籍金で放出していた。その穴埋めにサンチェスの獲得交渉に乗り出し、見事に交渉をまとめてみせた。

 イタリアのビッグクラブ行きが濃厚とされていたサンチェスだが、1シーズンはプレミアリーグの中堅クラブでその実力を試すことになった。ドイツの絶対王者では思うような成長曲線を描くことができなかった若武者は、どのようなプレーをその舞台で見せてくれるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images