白いユニホームのイラン選手と競り合う韓国のエース、孫興民(ソン・フンミン)=31日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選第9戦が31日に各地で行われ、A組の韓国は本大会出場を決めているイランとホームで対戦し、0―0で引き分けた。韓国は9大会連続の本大会出場をかけてウズベキスタンとの最終戦(9月5日、アウェー)に臨む。

 後半早々にイラン選手1人が退場。韓国は数的有利になったが、勝てば本大会出場を決められる機会を逃した。

 A組はイラン(勝ち点21)が1位で、韓国(同14)は2位を維持した。この日、カタールを下したシリア(同12)が3位。中国に敗れたウズベキスタン(同12)が4位。2位までが本大会に出場できる。

 韓国は9月5日のウズベキスタン戦に勝てずに3位になった場合、まず最終予選A組とB組の3位同士によるアジアプレーオフに臨む。これに勝利すれば、本大会出場がかかる大陸間プレーオフに進む。A組4位に転落すれば本大会出場の望みが絶たれる。