埼玉スタジアムで長友(左)の勇姿を見届けた平愛梨(右)。

写真拡大

 8月31日、日本代表はオーストラリアとの決戦を制し、6大会連続6回目のワールドカップ出場を決めた。
 
 日本のロシア行きを手繰り寄せたのは、カルチョの国で研鑽を積んできた長友佑都のクロスだった。40分、左サイドから絶妙なボールをゴール前に送り込むと、抜け出した浅野拓磨がタイミング良く左足ボレーで流し込んで先制点を奪取したのだ。
 
 この先制点で勢いに乗った日本は、82分に井手口陽介が強烈なミドルシュートを決めて、オーストラリア相手に2-0で勝利を飾った。
 
 日本中を歓喜させたゴールを演出した長友は、試合後に自身のツイッターを更新し、「みなさん熱い応援本当にありがとうございました!スタジアムの雰囲気も最高でアドレナリン出まくりました。笑 感謝感謝です」と興奮気味にファンへの想いを綴った。
 
 そんなツイートをすぐさまリツイートしたのは、長友の妻で女優の平愛梨だ。W杯出場決定の瞬間をスタンドで見届けた“アモーレ”は、ツイッターで次のように呟いている。
 
「たくさんの人の想いが1つになり、選手の皆さんのエネルギッシュなお姿に感動しました。すごい熱気だったー。初対面の方ともハイタッチできる喜びは観戦ならでは!ですよね。私にお声かけて下さった皆様! たくさんのメッセージありがとうございました」
 
 また、自身のブログも試合直後に更新し、「長友さんはまるで車を運転しているような、ハンドルを操作しているように見え、選手の皆様から大きな感動を頂きました!」と、愛する夫のプレーに感動したようだ。