苦手のイランが相手だったとはいえ、ホームで10人の敵から1ゴールも奪えなかった。最終節、韓国代表は勝利を掴んで自力突破を狙う。(C)Getty Images

写真拡大

 日本がオーストラリアを下してワールドカップ行きを決めた同じ時間に、隣国の韓国はホームでイランとの大一番を戦った。
 
 序盤から攻勢を仕掛けたホームチームだったが、最後の局面で決め手を欠き、なかなかチャンスを掴めない。堅守が自慢のイランの前に沈黙を続けていたが、52分、ゲームは願ってもない展開に動く。イランのサイード・エザトライが韓国選手の頭を踏みつけて一発退場。数的を優位を得て、俄然勢いづいた。しかし──。そのアドバンテージを活かせず、ゴールは遠いまま。試合は痛恨のスコアレスドローに終わった。
 
 ところが、悲壮感漂うスタジアムに朗報が舞い込む。3位のウズベキスタンが中国に0-1で敗れてしまったのだ。韓国は辛くも2位をキープし、勝点2差でシリアとウズベキスタンが追う。
 
 最終節は韓国とウズベキスタンが激突する。勝利すれば文句なしで2位通過が決まるが、引き分けた以下の結果で終わった場合は、かなり危ない。イランvsシリア戦でシリアが勝利すれば、3位に転落してしまうのだ。なお、イランは1位通過を確定させている。
 
 アジア最終予選、グループAの順位表は以下の通り。
 
1位 イラン 勝点21 得失点差+8
2位 韓国 勝点14 得失点差+1
3位 シリア 勝点12 得失点差+1
4位 ウズベキスタン 勝点12 得失点差-1
5位 中国 勝点9 得失点差-3
6位 カタール 勝点7 得失点差-6