[8.31 W杯アジア最終予選 日本2-0オーストラリア 埼玉]

 日本代表が31日に行われたW杯杯アジア最終予選B組の第9節でオーストラリア代表に2-0で勝利し、6大会連続6回目のW杯出場を決めた。

 試合終了を待たずして笑みがこぼれる。試合中から喜怒哀楽を激しいジェスチャーで表現し続けていたバヒド・ハリルホジッチ監督は、試合終了のホイッスルが鳴ると、人目をはばからず、目頭を押さえて涙を見せた。

 残り2節で、日本を含めた3チームが勝ち点1差にひしめく大混戦。試合前にはオーストラリア戦の結果次第で、ハリルホジッチ監督の進退が決まると噂されるほど、ピリピリしたムードを醸していた。

 運命の決戦にハリルホジッチ監督は、これまで代表を支えたFW本田圭佑やMF香川真司らのベンチスタートを決断。結果、抜擢したFW浅野拓磨とMF井手口陽介が得点して、勝利をもぎ取った。

 試合後、場内インタビューでハリルホジッチ監督は「ありがとうございます。これは日本の国民のみなさんの勝利でした」と絶叫。「皆さんのことを本当に誇りに思います。これからW杯本大会に向けて準備をしたいと思います」と声を震わせた。


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧