ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はプライベートで問題を抱えているという【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利した。この結果、6大会連続となるW杯本大会出場が決まった。

「実は、私は個人的にプライベートで大きな問題がある」

 試合後の会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督がこう切り出した。通常行われる質疑応答を受けなかったことからも、指揮官の状態が心配された。

 日本サッカー協会関係者によると、ハリルホジッチ監督は「家族の問題としか言いたくない」と話しているという。実際、選手やコーチ陣も事情を知らされていないようだ。

 日本代表監督としての進退に関わる問題ではなく、サウジアラビア戦までのスケジュールも決まっているため、最終戦でも指揮を執ることになる。

 アジア最終予選ラストとなるサウジアラビア戦も勝利し、ハリルホジッチ監督を勇気づけたいところだ。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部