結婚前の同棲がうまくいく秘訣【453人の同棲経験男女の本音】

写真拡大

結婚を考えたとき、お試しで同棲してみたいと思うカップルもいますよね。でも、同棲すると婚期を逃してしまうケースや別れに至ってしまうケースも聞きます。結婚がうまくいく同棲の秘訣とは、何なのでしょうか? 今回は、同棲経験のある男女の経験談から、結婚に結びつく同棲のポイントを探ってみました。

■結婚前の同棲は、賛成? 反対?

まずは、同棲経験がある男女約450名に、結婚前の同棲について、賛成か反対か、自身の経験をもとに正直な考えを教えてもらいましょう。

◇同棲賛成派が、約95%

Q.あなたは、結婚前の同棲をどう思いますか?

賛成……94.7%
反対……5.3%

結果は、圧倒的に「賛成派」多数。約95%もの人が「結婚前の同棲に賛成!」と答えています。実際に同棲経験がある人の意見ですから、同棲することになんらかの意味がある、ということでしょうね。次は、その意味を詳しく教えてもらいましょう。

■結婚前の同棲の「メリット」

結婚前の同棲のメリットは、同棲を考えている人にとって、とても気になる要素のはず。同棲経験がある人たちに、実体験を通して感じたメリットを聞いてみました。

◇(1)お互いの生活スタイルがわかる

・「相手の生活スタイルなどがわかり、本当にともに生活していけるかを見極めることができる」(女性/35歳/その他/その他)

・「お互いの生活リズム・生活習慣を知った上で結婚を考えられる」(男性/30歳/その他/事務系専門職)

結婚したら、今までとまったくちがう環境の中で生活をしてきた2人が一緒に暮らすわけですから、生活スタイルのちがいに驚いたり、戸惑ったりすることも多々あるでしょう。それを防止するためにも、同棲することで、あらかじめお互いの生活スタイルを知ることが大きなメリットと言えるかもしれません。

◇(2)相手の性格をさらに深く知ることができる

・「相手の素の部分を知ることができる」(女性/39歳/その他/その他)

・「相手のいい所、悪い所が顕著にわかる」(男性/39歳/機械・精密機器/その他)

どんなにデートの回数を重ねても、お互いに「素」の部分をすべてさらけ出せるかというと、それはわかりません。一緒に生活をし、一日中お互いと向き合うことで、内面に対する理解がさらに深まるでしょう。

◇(3)結婚生活をリアルに想像できる

・「結婚生活への予行練習ができる」(女性/27歳/医療・福祉/専門職)

・「結婚をイメージして生活できるから」(男性/28歳/その他/その他)

いざ結婚が決まっても、2人の結婚生活を具体的に想像ができないと不安を抱えることも多いでしょう。同棲をすれば、確実にその不安は解消されますね。

◇(4)節約し、貯金ができる

・「お互いがひとり暮らしの場合、一緒に住めば貯金ができる。一緒に住むことで今まで見えていなかったことが見えるかもしれない」(女性/29歳/医療・福祉/専門職)

・「節約。価値観の確認。結婚式費用の貯金」(男性/34歳/金融・証券/営業職)

お互いがひとり暮らしだと、どうしても貯金が難しい、ということもあるはず。結婚するにはお金がかかるもの。同棲すれば、生活費は折半ですし、2人で工夫をしながら、節約、貯金をすることができるでしょうね。

◎結婚前の同棲の「メリット」まとめ

結婚前の同棲には、主に4つのメリットがあるようです。「これだけメリットがあるのなら、思い切って同棲をはじめよう!」と思った人も少なくないでしょうが、何事も二面性があるもの。お次は「デメリット」を見てみましょう。

■結婚前の同棲の「デメリット」

あれだけ魅力的なメリットがある「結婚前の同棲」ですが、デメリットも見逃すことはできません。誤った判断をしないためにも、デメリットもしっかり押さえておきましょう。

◇(1)結婚しても新鮮味がなくなる

・「長く同棲していると、新鮮味がなくなりマンネリ化する」(女性/37歳/その他/その他)

・「同棲からそのまま結婚しても新鮮さに欠ける」(男性/29歳/情報・IT/技術職)

結婚まで別々に暮らしていた2人だったら、初めての結婚生活、共同生活に、日々、ドキドキ&ワクワクするような新鮮味を感じることができるでしょうが、同棲をしてしまうと、関係性が恋人同士から夫婦に変わるだけで、新鮮さには欠けてしまうはず。

◇(2)同棲生活がダラダラ続いて婚期を逃す

・「お互いが結婚を意識しての同棲ならいいが、そうでないなら、同棲期間がダラダラ長く続き、いつまで経っても結婚できなくなる」(女性/26歳/その他/販売職・サービス系)

・「結婚するタイミングに悩む。ほとんど結婚と同じような状況なので、プロポーズとかも今さら恥ずかしい感じがした」(男性/30歳/小売店/販売職・サービス系)

「一緒に暮らしているんだし、いまさら結婚するのも……」と思ってしまう人が少なくないそうです。最悪の場合、同棲期間が長すぎてマンネリ化し、破局してしまうケースも。

◇(3)嫌な部分まで見えてしまう

・「相手の嫌なところが見えてしまうので、嫌になることもある」(女性/23歳/その他/その他)

・「相手の嫌な部分が見えてしまい、一緒にやっていく自信がなくなる」(男性/31歳/小売店/販売職・サービス系)

それまでとっても魅力的に見えていた恋人のはずなのに、生活スタイルや、それまで知らなかった一面を知ることで、幻滅し、魅力が激減してしまうことも十分考えられます。悪い一面を見つけても、受け入れる覚悟が必要かもしれませんね。

◇(4)自分の時間が作りづらくなる

・「ひとりの時間がなくなる。干渉し合う」(女性/32歳/自動車関連/営業職)

・「デメリットは、プライベートな時間が減る」(男性/38歳/その他/その他)

家にいる間はほとんど一緒にいることになるでしょうから、ひとりの時間、プライベートを確保することは難しくなるでしょう。趣味があり、どうしてもひとりの時間がほしい、という人には大きなストレスになるかもしれません。

◎結婚前の同棲の「デメリット」まとめ

結婚前の同棲には、軽視できないデメリットがいくつかあります。メリットとデメリット、両方をしっかり頭に入れて、彼と同棲について事前に話し合うことで、同棲生活後のトラブルを防げるのではないでしょうか。

■結婚前の同棲を許可してもらう工夫

お互いが納得して、いざ同棲をはじめようとしても、スムーズに話が進むかというと、そうでない場合もあります。「親に反対されて同棲できない!」という人もいるでしょう。そこで、親にもスムーズに同棲を認めてもらう方法を聞いてみました。

◇(1)内緒にしてしまう

・「親には同棲を内緒にしている。話したら、早く結婚しろと言われる」(女性/39歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「内緒で同棲していて、子どもができてバレた」(男性/39歳/小売店/その他)

「言ったら絶対に反対される」とわかりきっている親御さんの場合は、いっそ、言わない、というのもアリ。ただし、親が頻繁に自宅に遊びに来る、という人は、隠し切れないでしょうから、この方法は使えませんね……。

◇(2)できちゃった婚だけはしないから!!

・「できちゃった婚になるようなことは絶対にしないと親に誓った」(女性/35歳/その他/その他)

・「同棲してもいいが、できちゃった婚はやめてほしいと言われた」(男性/29歳/ソフトウェア/技術職)

今の若い世代の間では「授かり婚」も結婚のひとつの形として受け入れられていますが、年配の親世代だとなかなか受け入れ難い、という人も多いでしょう。そういう考えの親御さんならば、「できちゃった婚だけは絶対にしないから」と先に釘を刺しておくのも手です。

◇(3)結婚を前提に、と宣言

・「同棲する前に、お互いの親に結婚するつもりでいることを含め、挨拶しに行ったからか、反対もされなかったし、説得したわけでもない」(女性/32歳/医療・福祉/専門職)

・「双方の親御さんから反対をされましたが、結婚を前提にしたので許してくれた」(男性/39歳/その他/事務系専門職)

「結婚するつもりもないのに同棲なんて……」と思っている親御さんもいるでしょうからね。「結婚を前提にしています」ときちんと言い切れば、心配も軽減するでしょう。

◇(4)きちんと誠実に話す

・「親にちゃんと挨拶をして、お互いの親に2人の電話番号など、住むところなど明確に話す」(女性/30歳/その他/販売職・サービス系)

・「しっかり話したことで反対は特になかった」(男性/26歳/学校・教育関連/その他)

変に誤魔化したり、中途半端な態度を取ったりせず、きちんと誠実に話をすれば、親御さんも頭ごなしに反対することも少ないはず。大人として、正しい姿勢で話し合いに臨みましょうね。

◎結婚前の同棲を許可してもらう工夫まとめ

「うちの親は頭が固いから……」と思って、同棲したいことを親に言い出せない人もいるでしょうが、言い方によっては、トラブルを起こさず、スムーズに同棲へと進むことができるかもしれません。親によって、対応の仕方を変え、できれば同棲に対して肯定的な考えを持ってもらいたいですね。

■婚期を逃したくない! 結婚に結びつく同棲の秘訣

「同棲を確実に結婚へ結びつかせる方法って結局、具体的に何なの?」と思っている人もいるはず。婚期を逃さないためにも、その秘訣を詳しく教えてもらいました。

◇(1)同棲期間を決める

・「同棲期間をあらかじめ決めておく」(女性/33歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「メリハリをつけて(期限などを決めて)同棲生活を送る」(男性/33歳/農林・水産/技術職)

一年だったら一年と、きちんと期限を決め、その期限まで結婚する気にならなかったら同棲解消、お互いの関係を考え直す、などの条件を課すことで、生活にメリハリが生まれ、ダラダラ同棲生活を送ってしまう、ということはなくなるでしょう。

◇(2)思いやりの気持ちを忘れない

・「お互いに相手のことを思いやる気持ちを忘れずにいること。ずっと一緒にいることが当たり前になると思いやりの気持ちよりも、もっとこうやってほしいという相手への要望が強くなってしまうことがあるので、そうなってくると喧嘩の原因になってしまう」(女性/37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「お互いに思いやりを持ち、束縛しすぎない」(男性/37歳/食品・飲料/その他)

四六時中一緒にいると、相手に対する思いやりの心を忘れがちになってしまい、そのうちに「こんな思いやりのない人と結婚なんてできない」と思われてしまうかもしれません。

◇(3)話し合いを大事にする

・「お互いのいいところを認めて、悪いところはよく話し合うこと」(男性/33歳/自動車関連/営業職)

・「我慢、ちゃんと話し合う、家での2人の時間を大切に」(女性/31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

「言わなくてもわかるだろう」が通用すると思ったら大間違い。共同生活の中では、お互いの意見、考えをすり合わせることが必要不可欠です。何か心に引っかかるものがあるときは、面倒くさがらず、話し合うことが大事ですね。

◇(4)家事の分担

・「家事や料理をきちんとやると、相手も将来のことが想像しやすく、結婚にも結びつくと思う」(女性/25歳/通信/その他)

・「お互いにきちんと家事分担をしたり、お互いの時間を取る努力をすること」(男性/35歳/その他/販売職・サービス系)

「同棲中だから少しでも自分をよく思ってもらいたい」なんてことを思って、自分だけが家事を負担してしまうと、結婚してもその家事の負担のバランスは変わらない可能性が高いです。お互いに助け合うことを、同棲の段階からすることで、結婚生活像をより具体的に想像できますね。

◎結婚に結びつく同棲の秘訣まとめ

同棲から結婚へつなげていくには、いろいろな努力が必要なようです。人生の大きな選択をする機会ですから、多くの要素が判断材料になるのは当然のこと。確実に結婚できるように、普段の生活から気をつけなくてはなりませんね。

■失敗したくない! 同棲前に決めたカップルのルール

さらに安心して同棲生活をはじめられるように、同棲前に決めたルールについて、具体例を教えてもらいましょう。

◇(1)家事の分担

・「家事の分担をしっかり決める。お互いの状況に合わせて交代するなどして助け合う」(男性/35歳/小売店/事務系専門職)

・「家事を分担することなど、ですね」(女性/37歳/その他/その他)

「家事は適当にやればいいか」なんて甘い考えでいると、お互いに「相手がきっとやるだろう」と考えて、疎かになり、ストレスを感じることも。お互いに働いているのなら、家事の分担はしっかり話し合って決めましょうね。

◇(2)お金のこと

・「生活費の折半など金銭に関わることは、きちんと取り決めた」(女性/35歳/その他/その他)

・「お金のことは絶対に決めておくべきです」(男性/33歳/生保・損保/営業職)

いくら結婚前提のカップルとはいえ、お金に対してルーズでいると、思わぬトラブルが起こることも考えられます。家賃、生活費、結婚のための貯金など、話し合うべきお金のことはたくさんありますね。

◇(3)プライベートを尊重する

・「お互いのプライベートを大切にする」(男性/23歳/その他/その他)

・「それぞれの自室(テリトリー)には安易に踏み込まないこと」(女性/30歳/その他/販売職・サービス系)

一緒に住んでいるからといって、なんでもかんでも干渉することはいいこととは言えません。お互いにひとりの時間を持つことで、気持ちがリフレッシュし、ストレスのない生活を送れるというものです。

◇(4)ケンカをしたときの対処法

・「ケンカをしたら翌日には仲直りをする。無視はしない」(男性/31歳/不動産/営業職)

・「ケンカをしても、家を出て行かないこと」(女性/33歳/その他/その他)

別々に生活をしていたときは、ケンカをしても、お互いにひとりになれば頭を冷やすことができますが、同棲してしまうとそうはいきません。ケンカが長引き、関係を悪化させないためにも、ケンカをしたときの対処法は、お互いが冷静なときに決めておきましょうね。

◎同棲前に決めたカップルのルールまとめ

同棲をはじめる前は、ウキウキ&ワクワクして、ついつい事前の準備を怠りがちかもしれません。しかし、新生活をスタートさせる前にきちんと話し合うことで、その後の生活を快適に送れることでしょう。

■まとめ

同棲生活は結婚につながる大きなきっかけのひとつです。でも、同棲生活とはどんなものか、どんなことが大事なのかを知っておかなければ、彼との大切な関係が壊れるきっかけになりかねません。後悔しないためにも、今、同棲すべきなのか、同棲する前に何をすべきなのかをよく確認して、幸せな結婚につなげていきたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年7月20日〜7月22日
調査人数:453人(22〜39歳の男女)