日本代表、2014年W杯出場を決めた4年前のスタメン覚えてる?

写真拡大

6大会連続でワールドカップ出場が決定した日本代表。

前回大会2014年のワールドカップ出場が決まったのは、2013年6月4日。埼玉スタジアム2002でのアジア最終予選第7節、オーストラリア戦だった。

後半37分に先制された日本だったが、後半アディショナルタイムに本田圭佑が同点のPKを決めてスコアは1-1に。この結果、1試合を残して本大会出場が決まった。

アルベルト・ザッケローニ監督が率いた当時のスターティングイレブンを振り返ってみる。

【スタメン】

GK:川島永嗣

DF:内田篤人、吉田麻也、今野泰幸、長友佑都

MF:香川真司、遠藤保仁、長谷部誠、本田圭佑

FW:岡崎慎司、前田遼一

【控え】

GK:西川周作、権田修一

DF:栗原勇蔵、伊野波雅彦、酒井高徳、酒井宏樹

MF:中村憲剛、細貝萌、高橋秀人、乾貴士、清武弘嗣

FW:ハーフナー・マイク

【選手交代】

79分前田⇔ 栗原

85分内田⇔ハーフナー

87分岡崎⇔ 清武

川島、長友、吉田、長谷部、香川、本田あたりは現在もほぼ不動。6人も当時のメンバーが残っているというのは、かなり多いほうかも。