ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 2-0 オーストラリア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は31日、ロシアW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦し2-0で勝利した。この結果、6大会連続となるW杯本大会出場が決まった。

 会見場に現れると、報道陣から拍手で迎えられたヴァイッド・ハリルホジッチ監督。「チームを誇りに思う。英雄のような姿だ」と選手らをたたえた指揮官は「相手も質が高くビッグチームだった」とオーストラリアの実力を認めた。

 浅野拓磨、井手口陽介と若い世代のゴールでW杯出場を手繰り寄せた。ハリルホジッチ監督は「若手を信頼して使うべきだと思っているが、それが正しいと証明できた。日本サッカーにとって良かった」と述べた。

 監督による総括の後に質疑応答に移るが、指揮官は「質問に答えられないことを申し訳なく思う」と謝罪。それには理由があるようだ。

「実は、私は個人的にプライベートで大きな問題がある。皆さんご存知ないかと思うが、私はその問題があることによって試合前に帰ろうとも思った。しかし、責任もあった。批判が始まった時もより力強くやってきた。これで皆さんホッとされたと思うが、もう少し速いタイミングで決めておきたかった。今までの試合でミスなければ、もっと早く決まっていた。皆さんたくさんのことを聞きたいと思うが、プライベートの問題があるので、この時点で質問に答えられないことを申し訳なく思う。選手たちのことを書いてください。本日、皆さんが拍手で迎えてくれたことを二度と忘れることはないだろう」

 この件について、協会関係者も把握していない模様。この日、采配をズバリ的中させたハリルホジッチ監督だが、指揮官がどのような問題を抱えているのか心配される。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部