日本をワールドカップ出場に導いたハリルホジッチ監督。試合後には興奮した様子を隠さず、周囲への感謝を口にした。写真:田中研二

写真拡大

[ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-0 オーストラリア/8月31日/埼玉
 
「メルシーボークー、アリガトウゴザイマス!」
 
 日本を6大会連続6回目のワールドカップ出場へと導いたヴァイッド・ハリルホジッチ監督の言葉にスタジアムは湧いた。
 
 勝てば本大会出場が決まる、宿敵オーストラリアとの大一番。立ち上がりから高い位置で積極的なプレスを仕掛け、相手陣で試合を進めた。
 
 右ポストを直撃される危ないシーンもあったが、41分、浅野拓磨によって待望の先制点がもたらされる。前半を1-0で折り返すと、後半は攻守が目まぐるしく入れ替わる一進一退の展開となった。そして82分、に勝負を決する2点目が生まれる。原口元気の突破から井手口陽介がこぼれ球を拾うと、カットインして右足を強震! 見事なシュートがゴールネットを揺らした。
 
 そのまま2-0でタイムアップ。ホームで歓喜の瞬間を迎えた指揮官は「これは日本の皆さんのための勝利だった。我々を応援してくれてありがとうございます。みなさん、素晴らしいサポーターです。みなさんのことを本当に誇りに思います。また、スタッフや関係者にも感謝したい」と興奮を抑えらない様子で話した。

【日本代表PHOTO】浅野、井手口のゴールでオーストラリア撃破、W杯出場決定!