移籍市場閉幕直前に、2部ボーフムがさらなる補強へと動いた。ドイツ代表として5試合の出場経験をもつシドニー・サムをシャルケから獲得。29歳の攻撃的MFとの契約は2019年までで、背番号は13。マネージャーを務めるクリスチャン・ホホシュテッター氏は「さらにチームのクオリティが上がった」と喜びをみせた。

「我々はウィングの補強を目指していたし、それにむけて理想的な解決策を見出せたと思うよ。それにここ数週間、シドニーがすでにここでトレーニングを行なっていたということも大きなメリットさ。ここの流れをすでに理解しているからね。」

サムは8月8日からここまでボーフムにてトレーニングを行なっており、「ボーフムへの移籍が成立してよかった。ここで数週間に渡って、とても温かく迎え入れてもらっていたし、すでにチームの一員という感覚を覚えているんだ」とコメント。

これまでカイザースラウテルンやレヴァークーゼンでもプレーしてきたサムは、昨季後半戦ではダルムシュタットへとレンタル移籍。ブンデス1部122試合に出場して26得点をマーク、2部では59試合に出場して14得点を記録している。

なお移籍に関する詳細については両クラブの合意の下で特に明かされてはいない。