豪快な一撃を突き刺した井手口陽介。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]日本2-0豪州/8月31日/埼玉スタジアム2002

 まさに衝撃の一発だった。
 
 1点リードで迎えた82分、原口元気の突破から井手口陽介がこぼれ球を拾うと、そのままドリブルで持ち込んで右足を一閃。強烈なミドルシュートがオーストラリアゴールを豪快に揺らした。
 
 追加点を挙げて勝利に貢献した井手口は試合後、得点シーンをこう振り返った。
 
「枠に入れば良いかなと思ったんですけど、そのまま入って良かったです。こういう大舞台で監督に使ってもらったので、自分が結果を残すという思いで試合に臨んだから、その気持ちがゴールにつながったと思います」
 
 勝てばワールドカップ出場決定という大一番で代表初ゴール。21歳の若武者は強い気持ちで試合に臨み、殊勲の一撃を決めた。
 
 最後に、1年後に控えるワールドカップと次のサウジアラビア戦の意気込みも口にした。
 
「ワールドカップまで、まだまだ時間があるので、もっともっと自分自身成長して、また選ばれるように、これからも満足せずに頑張っていきたいです。次もアウェーで勝てるように頑張ります」