キャプテンマークを巻いて日本を引っ張った長谷部。本大会に向けては「出場を約束されている選手はいない」と新たな競争が生まれることを強調した。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-0 オーストラリア/8月31日/埼玉
 
 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選が8月31日に行なわれ、日本はオーストラリアと対戦。宿敵を2-0で破り、予選1試合を残して6大会連続の本大会出場を決めた。
 
 試合後、キャプテンとしてチームを牽引し続けた長谷部誠は「本当にスタジアムの皆さんに素晴らしい雰囲気を作っていただいて、テレビの前のサポーターも含めて、日本中がひとつになって取ったワールドカップへの切符だと思う」と感謝の意を示した。
 
 続けて、「怪我をしてチームに迷惑を掛けたし、今日の自分のプレーも少し危ない場面でボールを失うこともあった。8月31日を目標にリハビリをやってきたので、その結果が報われて嬉しい」と話した。
 
 また、9月5日のサウジアラビア戦とワールドカップに向けては、「今日は喜びたい。切符を取ったことで新たな競争というか、予選を戦ったからワールドカップ出場が約束されている選手は誰もいないので、また頑張っていきたい」と決意を口にした。

【PHOTO】日本×オーストラリアの美女サポーターたち♥