オーストラリア戦でゴールを決めた井手口陽介【写真:Getty Images】

写真拡大

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第9節の試合が31日に行われ、日本代表はホームでオーストラリア代表と対戦。2-0の勝利を収め、6大会連続となるW杯本大会出場を決定した。

 勝てばW杯出場が決定する状況の日本は、前半41分にFW浅野拓磨がゴールを決めて先制。そのまま1点リードで迎えた82分には、エリア手前へ持ち込んだMF井手口陽介が強烈な右足ミドルをゴール右上に突き刺して勝利を大きく引き寄せた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の起用に見事応えたチーム最年少の井手口は、「こういう大舞台で監督に使ってもらえたので、自分が結果を残すという思いで試合に臨んでいました」とコメント。「その気持ちがゴールに繋がったと思います」と自身の代表初ゴールを喜んだ。

 新たな世代を代表する選手の一人として、来年のW杯本大会でも活躍が期待される。「W杯まではまだまだ時間があるので、もっともっと自分自身成長して、これからも満足せずにまた選ばれるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを述べた。

text by 編集部