ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:田中伸弥】

写真拡大

 日本代表は31日、ワールドカップ(W杯)・アジア最終予選でオーストラリア代表に2-0で勝利し、6大会連続のW杯本大会出場を決めた。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後、サポーターに感謝の気持ちを伝えている。

 W杯出場決定の瞬間は涙を浮かべて勝利を喜んだハリルホジッチ監督。日本語で「アリガトウゴザイマス」とサポーターに感謝を述べると、熱を込めて以下のように続けた。

「これは国民の皆さんの勝利。皆さんは素晴らしいサポーターです。皆さんのことを誇りに思います。そして、スタッフ・関係者の皆さんもありがとうございます。これからW杯本大会に向けて準備したいと思います」

text by 編集部