幼稚園でかかるお金について、文部科学省「子どもの学習費調査2014年度」に基づき、公立と私立に分けて見てみましょう。

写真拡大

幼稚園時代にかかる年間学費は、文部科学省「子どもの学習費調査2014年度」によると公立22万円、私立50万円でした。詳しく見てみましょう。

公立幼稚園の学習費総額

まずは公立幼稚園でかかる学習費(年額)です。その合計と内訳は次のとおりで、私立幼稚園に比べ安くて済みます。

合計  22万2264円

・うち教育費 11万9175円
・うち給食費 1万9382円
・うち幼稚園外活動費 8万3707円
(文部科学省「子どもの学習費調査2014年度」より、以下同)

学年別推移でみると下のようになります。習い事などが増えるため、5歳のときが最も高くなっています。
•3歳 18万287円
•4歳 20万453円
•5歳 25万4141円

では、公立幼稚園でかかる学費と幼稚園外の活動費の内訳について見てみましょう。いずれも年額です。

公立幼稚園の学費の内訳(年額)

公立幼稚園の幼稚園教育費の内訳は次のとおりです。前回データよりもやや下がっています。

•幼稚園代 6万4357円
•修学旅行・遠足・見学費 2022円
•学校納付金等 1万1121円
•図書・学用品・実習材料費等 8565円
•教科外活動費 407円
•通学関係費 2万3793円
•その他 8910円

公立幼稚園の園外活動費の内訳(年額)

公立幼稚園の幼稚園外活動費の内訳は次のとおり。やや下がる傾向もみられましたが、芸術文化活動やスポレクは微増しています。

•家庭内学習費 1万2170円
•家庭教師 3577円
•学習塾費 5520円
•その他  442円
•体験・地域活動 1196円
•芸術文化活動 2万367円
•スポレク活動 2万4121円
•教養・その他 1万6314円

私立幼稚園の学習費総額

私立幼稚園でかかる年平均学習費の合計と内訳は次のとおりです。公立幼稚園に比べ2倍程度かかります。実際には、自治体によって助成制度があり、負担感は軽減されています。

また、2014年度からは、幼稚園に複数の子が通う場合、2人目の兄弟姉妹は半額、3人目は無料になっています。

合計  49万8008円

•うち教育費 31万9619円
•うち給食費 3万6836円
•うち幼稚園外活動費 14万1553円
(文部科学省「子どもの学習費調査2014年度」より、以下同)

学年別推移でみると下のようになります。習い事などが増えるためか、5歳のときがもっとも高くなっています。

•3歳 49万1468円
•4歳 47万8151円
•5歳 52万3204円

では、幼稚園教育費と幼稚園外活動費の内訳についても見てみましょう。

私立幼稚園の学習費の内訳(年額)

私立幼稚園の幼稚園教育費の内訳は次のとおりです。幼稚園代がかかっているのがわかります。ほかにも、学費以外の学校納付金や通学関係費(バス代など)もかかっています。

•幼稚園代 20万9277円
•修学旅行・遠足・見学費 2983円
•学校納付金等 4万4351円
•図書・学用品・実習材料費等 1万4979円
•教科外活動費 2186円
•通学関係費 3万6395円
•その他 9448円

私立幼稚園の園外活動費の内訳(年額)

私立幼稚園の幼稚園外活動費の内訳は次のとおりです。公立幼稚園同様、習い事やスポーツにお金を使う様子が読み取れます。

•家庭内学習費 1万7580円
•家庭教師 4060円
•学習塾費 9307円
•その他 532円
•体験・地域活動 4630円
•芸術文化活動 3万385円
•スポレク活動 4万6349円
•教養・その他 2万8710円

ガイド豊田のつぶやき

国は乳幼児期の教育の無償化を進めています。そのおかげか、データ上でも少しですが、下がり始めています。家計の最初の山場となる、幼稚園・保育園の時期をスムーズに乗り切れるようになるといいですね。
(文:豊田 眞弓)